2019年09月20日

魚市場はノーサイド

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:チダイ 170キロ、イナダ 110キロ、シロカジキ 60キロ
「石橋」定置:ワカシ 450キロ、ヤマトカマス 120キロ、イサキ 210キロ、ヘダイ 70キロ
「 岩 」定置:キハダ 415キロ(11本)、ワカシ 860キロ、ヤマトカマス 60キロ、カマスサワラ 40キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ヤマトカマス 100キロ、小サバ 210キロ、イサキ 60キロ、小イサキ 50キロ
「福浦」定置:ワラサ 450キロ、小イサキ 500キロ、ワカシ 530キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワカシ 270キロ、カマスサワラ 75キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 130キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 150キロ

一本の「キハダ」は、みんなのために
みんなは、一匹の「ワカシ」のために
今朝の「米神」定置の水揚げが急減しているのは、特大「ジンベイザメ」が入網し、それを交わすためにやむなく網を放したためと言うことです。連休前の明日は、逃げていなくなっていることを願います。
posted by にゃー at 18:24| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする