2019年10月04日

魚市場の覚悟

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワカシ 1.1トン、イナダ 480キロ、マルソウダ 720キロ、ヤマトカマス 220キロ、サバ 330キロ、小サバ 100キロ、イサキ 80キロ
「石橋」定置:マルソウダ 600キロ、小アジ 300キロ、ワカシ 170キロ、イナダ 100キロ、ヤマトカマス 60キロ
「 岩 」定置:ワカシ 160キロ ほか
「原辰」定置:マルソウダ 510キロ、ヤマトカマス 150キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:チダイ 260キロ、ワカシ 700キロ
「大磯」定置:小サバ 280キロ、小アジ 60キロ、マルソウダ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 1トン、ワカシ 600キロ、ヤマトカマス 600キロ、ウスバハギ 95キロ

東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 430キロ

D-m-cuVU0AYb6pK.jpg「マイワシ」、完全に消えました。
昨日まで獲れていた魚が、急に姿を消す。
良くあることと言いながら、驚きです。
もちろん、賢明なみんなは昨日の「イワシ」を残してるよね?
この際、北海道産で十分だ?
ま、そりゃそうだ。
posted by にゃー at 18:06| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする