2019年11月05日

魚市場を最高に楽しむルール

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 2トン、サバフグ 230キロ、マルソウダ 200キロ、サバ 180キロ、小サバ 120キロ、ウルメイワシ 130キロ、アカカマス 80キロ、マンボウ 50キロ、ウスバハギ 40キロ
「石橋」定置:マルソウダ 480キロ、ヤマトカマス 400キロ、イナダ 50キロ、サバ 80キロ、アカカマス 60キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 1.4トン、イナダ 550キロ、ヤマトカマス 150キロ、シイラ 120キロ、サバ 100キロ、ウルメイワシ 100キロ、アジ 50キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 420キロ、マルソウダ 230キロ、アジ 180キロ、サバ 60キロ
「江の安」定:アジ 110キロ、ヤマトカマス 90キロ、マルソウダ 60キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ショウゴ 540キロ、小サバ 390キロ、イナダ 130キロ、ウスバハギ 170キロ、カゴカキダイ 70キロ
「大磯」定置:小サバ 1.3トン、小アジ 110キロ、サバ 70キロ、ヤマトカマス 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 180キロ ほか

line_1572899346577.jpg今朝の魚市場で、実際どのくらいの種類の魚がいたか・・ざっと思い出して50種。
一匹二匹で獲れていた魚種も含めれば、少なく見ても70近くはあったのではないか。
わずか一日だけでこれだけの種類が獲れるという事実は、豊かな相模湾を目の前に持つ水産基地としての小田原の実力を語るに十分であると言えるだろう。
posted by にゃー at 15:44| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする