2019年12月09日

忘れられない魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバフグ 300キロ、ウルメイワシ 210キロ、イナダ 170キロ、サバ 130キロ、小サバ 100キロ、ムロアジ 60キロ
「石橋」定置:小サバ 1.2トン ほか
「 岩 」定置:サバ 270キロ、小サバ 140キロ、メアジ 150キロ、サバフグ 60キロ、シイラ 80キロ
「原辰」定置:カワハギ 70キロ、ヒラソウダ 40キロ
「江の安」定:ヒラソウダ、アジ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 60キロ ほか
「大磯」定置:サバフグ 70キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ウルメイワシ 210キロ、サンマ 50キロ
「沼津底曳」:アカカマス 70キロ、ムツ 35キロ

かとう:もう12月も第一週が過ぎたのか。

しむら:あと4週間で今年も終わりですねんて。

こうじ:年の瀬、魚もなんだか尻すぼみ?

かとう:今年もいろいろあったなあ。

いかり:なんと言っても、年々大きくなる台風被害には辟易じゃ。

しむら:こんな時は、早々に忘年会でもやって、忘れるに限ります!

いかり:やるのは良いけど、飲み過ぎんなよ。

こうじ:忘年会で胃腸がツライのは過去の話。

かとう:今や忘年海鮮で、毎日お刺身だい。

しむら:魚のお刺身は、低カロリー、高たんぱく。

こうじ:しかもDHA大量摂取で健康一直線。

いかり:つまり認知機能の維持と改善に効果的か。

かとう:わ〜!結局、忘れたくても忘れられないってオチ?

しむら:そんな時は、
20180407220716.jpg

.
posted by にゃー at 19:57| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする