2019年12月18日

国民的魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 390キロ、小サバ 50キロ、サバフグ 120キロ
「石橋」定置:サバ 380キロ、小サバ 50キロ
「 岩 」定置:サバ 130キロ、ウルメイワシ 70キロ、アカヤガラ 40キロ
「原辰」定置:サバ、ウスバハギ ほか
「江の安」定:ウスバハギ、メアジ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 170キロ ほか
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ 130キロ ほか
「網代定置」:アカヤガラ 60キロ ほか

監督:スピルバーグの魚市場の場合、活「イシダイ」と「カワハギ」が大乱舞する。
製作:スピルバーグの魚市場の場合、定置網で大型「マサバ」が大漁になる。
製作総指揮:スピルバーグの魚市場の場合、豊洲から転送された魚でいっぱいになる。
出演:スピルバーグの魚市場の場合、水曜日の市場の様なモノである。
posted by にゃー at 16:19| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする