魚体中骨抜き器販売中

2020年02月21日

魚市場は未来のための金曜日

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 210キロ、小サバ 100キロ
「石橋」定置:サバ 300キロ ほか
「 岩 」定置:イシダイ、ヤリイカ ほか
「原辰」定置:サバ、ヤリイカ ほか
「江の安」定:メジナ 190キロ ほか
「二宮」定置:サバ ほか
「福浦」定置:イシダイ 250キロ、メジナ 200キロ
「大磯」定置:サバ、サバフグ ほか

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 65キロ
「下田釣船」:釣メダイ 85キロ ほか

東方面からは、
「三崎釣船」:釣メダイ 110キロ

和歌山船・・・釣カツオ 180キロ ほか

1582229193809.jpg連休前にきてグンと幅の広がる魚種、そして水揚げ量。ちょっと早いが、初鰹の入船もあってラインナップがさらに充実。
沖から「キンメ」と「メダイ」もやって来ればニラ炒めの食べ放題。そして、そこへ滑り込む「メジナ」の大群。いわゆる「グレ」。
「あなたたちを許さない」のは「グレタ」、これは「グレ」だ。
この季節、「メジナ」は「寒グレ」と呼ばれ、産卵前の脂のりが絶品として珍重されます。
黒一色の「メジナ」は、見た目にも地味で黒子のような魚だが、そんな普段目立たない魚も年に一度くらいは目立つ事が許されるのです。
この海の多様性と懐の深さを守らなくてはならない。
今年も謎の漁獲低迷が続いている相模湾ではありますが、この変化の原因が何なのかハッキリしない中で、今こそ環境変動を抑えるために、我々は待ったなしに自らの生活のためではなく、地球環境のためを最優先に考える必要が差し迫っていると考えるべきなのかもしれないのです。かの船の件を見てもそう、あれこれと思い巡らせているこの今でさえ、時間は確実に経過し、環境は着々と悪化の一路を辿っていくのだから。

今日のヒラメ ・・・ 181枚
posted by にゃー at 15:34| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

休み明けの魚市場はイロイロ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 120キロ、小サバ 60キロ
「石橋」定置:サバ、ヤリイカ ほか
「 岩 」定置:イシダイ 120キロ ほか
「原辰」定置:カタクチイワシ、ヤリイカ ほか
「江の安」定:マルアジ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:マイワシ 500キロ、サバ 480キロ、スズキ 70キロ、イシダイ 60キロ、アジ 40キロ
「福浦」定置:ウスバハギ ほか
「大磯」定置:サバ 110キロ、小サバ 120キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス ほか

二〇二〇年令和〇二年〇二月二〇日二宮ニコニコ
1582142646315.jpg

今日のヒラメ ・・・ 178枚
posted by にゃー at 14:12| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

記録を塗り替えた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 220キロ ほか
「石橋」定置:サバ ほか
「 岩 」定置:ブリ 1本 ほか
「原辰」定置:サバ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

1581970417043.jpgそして今朝、最低の水揚げを記録。
記録に注目の集まった東京マラソン、一般参加の中止が決まった。
エリートのみで開催は行われるため、参加費用として振り込んだ1万数千円は返金されないという。
まさに、せっかくセリで落札した魚を、カモメに易々と食べられてしまったかのような惨い仕打ち。
IMG_20200217_115118.jpgそりゃあどこに保菌者がいるか分からない大群が都内を走るというだけで、まるでイナゴが作物を食い荒らすかのような蝗害の恐怖にも似たパンデミックリスクを思う時、決断はやむなしという結論に達したのであろう。
となると、魚市場で毎朝開催される「押しくら饅頭大会」の扱いはどうなるのでしょうか?
・・・ワークマンで防護服、買ってこよ。

今日のヒラメ ・・・ 46枚
posted by にゃー at 12:24| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

魚市場の合い言葉

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 100キロ、小サバ 170キロ、ホウボウ 50キロ
「石橋」定置:サバ 70キロ、小サバ 100キロ
「 岩 」定置:イシダイ 50キロ、マイワシ 50キロ
「原辰」定置:サバ、イシダイ ほか
「江の安」定:マイワシ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣クロシビカマス、釣サバ ほか

「イシダイ」活け締めして「ホウボウ」で脇を固め、「キアンコウ」で重量稼いで「サバ」でボリュームアップ。
「ヤリイカ」を変わり種にして、定番「ヒラメ」で鮮魚セット完成、フィニッシュ

今日のヒラメ ・・・ 67枚
posted by にゃー at 21:01| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

魚市場で右往左往

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ、カタクチイワシ ほか
「石橋」定置:サバ、イシダイ ほか
「 岩 」定置:ヤリイカ、イシダイ ほか
「原辰」定置:ヤリイカ、サバ ほか
「江の安」定:クロダイ、ヤリイカ ほか
「二宮」定置:マイワシ 1.4トン ほか
「福浦」定置:サバ、ウスバハギ ほか
「大磯」定置:マイワシ 450キロ、サバ 100キロ 

伊豆方面からは、
「伊東釣船」:釣クロシビカマス 90キロ ほか

東方面からは、
「三崎釣船」:釣メダイ、釣サバ ほか

大磯、二宮と、東から盛り上がってきた「マイワシ」大獲れのトレンド。それに逆流するかのように減り、とうとう姿を消した西の「マルソウダ」。一瞬、魚種が増えているように見える概況だが、実はまとまった魚がいないというだけ。
1581719332318105550718.jpgそうは言っても、魚は見えない海の中にウヨウヨ。
巨大な群れを作って回遊する魚は、先頭の一匹が一歩間違う事によって定置網へご案内の主導権争いの日々であり、まさしくリーダーのわずかなほころびが、国民全体を路頭に迷わせかねないと言う緊張感と誠実さが求められる現実を見せつけるのである。
posted by にゃー at 12:59| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

世界にひとつだけの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ、カタクチイワシ ほか
「石橋」定置:マルソウダ 40キロ ほか
「 岩 」定置:マルソウダ、ヤリイカ ほか
「原辰」定置:マルソウダ、ヒラメ ほか
「江の安」定:マルソウダ、ヤリイカ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イシダイ、スズキ ほか
「大磯」定置:マイワシ 4.9トン ほか

伊豆方面からは、
「神津島釣」:釣キンメダイ 80キロ

15816306576781455823312.jpg北風が吹き、冬がはじまるよって頃から獲れ始めた「マルソウダ」も、ズル休みの数日を除いてほぼ毎日ここまで獲れ続けて2月も早、半ばを迎えた。
ここまで圧倒的No.1の水揚げをリードする「マルソウダ」は、どうしようもない市場に天使が降りてきたかの様な救世主。
常にどんなときも市場にある魚であるのだが、これだけ続くと他の魚種に期待できない分、僕が一番欲しかった魚だと軽くリスペクトが混じったり、もう来いなんて言わないなどとサラリと拒否宣言が出るなど、2つの願いが日々交錯。
しかし、吐いたツバ飲まんとけ言って同じ間違い繰り返してりゃ、もう誰も助けてくれない事になるだろう。

今日のヒラメ ・・・ 73枚
posted by にゃー at 12:38| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする