2020年04月04日

イワシ無双の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 2.2トン、スルメイカ 480キロ、小サバ 120キロ
「石橋」定置:マイワシ 6.4トン、サバ 580キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ 1.1トン、ブリ・ワラサ 400キロ、スルメイカ 580キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 4.6トン ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 310キロ、ワラサ 、70キロ
「二宮」定置:カタクチイワシ 920キロ、イシダイ 520キロ、ヒラメ 160キロ、ウマヅラハギ 120キロ、チダイ 80キロ、スズキ 80キロ、ワラサ 60キロ
「福浦」定置:サバ 110キロ、ケンケラケン 100キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 220キロ、アカカマス 130キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 300キロ

ここ数日続いた「ワラサ」中心の水揚げ構成を否定するかの様な、いきなりの「カタクチイワシ」大漁による独壇場。
そのインパクトに霞みがちだが、そんな中でも「二宮」定置で獲れる魚種の充実度は、特筆もの。
この流れは相模湾の潮流同様、徐々に左右方向へと波及するであろう。
春魚の超大漁は、まだまだこんなもんじゃ無い。
来週になって本来なら学校の始まるタイミングだが、陽気も安定してますます充実一途。
獲れる魚たちは、我々の都合など待ってはくれないぜ。

今日のヒラメ ・・・ 601枚
posted by にゃー at 17:15| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする