2020年05月21日

魚市場は何にカケル

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 600キロ、モジャコ 410キロ、サバ 100キロ、スルメイカ 90キロ
「石橋」定置:小サバ 380キロ、サバ 70キロ、アカカマス 100キロ
「 岩 」定置:小サバ 1.4トン、モジャコ 900キロ
「原辰」定置:モジャコ 1トン、サバ 50キロ
「江の安」定:モジャコ 580キロ、小サバ 100キロ
「二宮」定置:小サバ 700キロ、アジ 170キロ、アカカマス 45キロ
「福浦」定置:小サバ 200キロ、サバ 240キロ
「大磯」定置:小サバ 200キロ、アジ 50キロ

伊豆方面からは、
「網代釣船」:釣ケンサキイカ 160キロ
「宇佐美船」:生シラス 100キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ、タチウオ 50キロ

1590007553060140603618.jpg甲子園中止!青春を懸ける球児の無念を思う時、我もまた市場のマウンドで涙。
麻雀に金賭けるのは正当、しかし南三局で振り込んだ九筒、満貫の衝撃は忘れられない。お楽しみの給付金が×2で振り込まれるって、どんな忖度、どんだけボーナス。
20200521_055133.jpgボーナスと言えば、今年は長い絶好調延長でまだまだイカ角に掛かる「ケンサキイカ」。そして、定置網では急に「モジャコ」が獲れるミステリー。早速、矢吹駆に捜査を依頼。
20200521_060637.jpg神奈川県はいまだ緊急事態宣言下、油断召されるな、マスクはちゃんと耳に掛けるべし。
欠ける月、明日は新月、大潮。
期待の大漁、お百度参りに願掛ける。

今日のヒラメ ・・・ 101枚
posted by にゃー at 14:49| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする