魚体中骨抜き器販売中

2020年06月01日

魚市場の稚鰤はステップ2へ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:モジャコ 110キロ、小サバ 160キロ、アジ 40キロ
「石橋」定置:モジャコ 400キロ、小サバ 150キロ、サバ 60キロ
「 岩 」定置:アカカマス 100キロ、アジ 90キロ、サバ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 250キロ、モジャコ 100キロ、アジ 70キロ
「江の安」定:マイワシ 80キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 150キロ、アカカマス 80キロ
「福浦」定置:シイラ 250キロ、ワラサ 130キロ、小サバ 1.2トン
「大磯」定置:アジ 70キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワラサ 220キロ、スルメイカ 60キロ
「山下丸網」:ワラサ 660キロ、イサキ 60キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 370キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ、アカカマス 110キロ

大島釣船・・・釣キハダ 130キロ

15909700625561652222595.jpg日々増す「ワラサ」の存在感。
似た名前として時に混同される「サワラ」は、「狭腹」がその名の由来と言うが、この「ワラサ」はそうすると「腹狭」が名の由来になるのだろうか?
どの図鑑、文献を見てもそんなこたあ書いてないが、その実、この季節、痩せて肩身の狭い「ワラサ」は、「肩狭」と書いて「ワラサ」と読むのも、これからはアリかもしれない(※正しくは「稚鰤」)。
それでも「モジャコ」より大きいだけじゃなく、断然価値のある魚。
これからの季節、大群がどんどん相模湾へと泳ぎ込んで来ることだろう。
どうぞ冷蔵庫には、お値打ち「ワラサ」のスペースを空けておくことをオススメいたします。
.
posted by にゃー at 17:38| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かます棒〜魚体中骨抜具注文


魚体中骨抜き器販売中
かます棒 魚体中骨抜き具
注文ページ

発売以来、早3年。

今まで業務筋向けのみの
販売となっておりましたが、

大変、お待たせいたしました。

この度、一般のお客様向けへの
販売を開始することとなりました。

つきましては、

一本からのご注文も
お受けいたします。

価格および、
販売要項は

下記の通りとなっております。

かます棒 一本 ¥1,200
       (消費税別)

送料(10本まで)¥ 150
※普通郵便にて送ります


注文の流れ

例えば、かます棒一本の御注文の場合

一本の価格1,200円消費税120円
そして送料150円を足した
合計1,470円をお振り込み頂く
こととなります(振込手数料別)。

ご注文受付後、送料込みの合計価格をメールにてご返信いたしますので、指定された口座にその金額をお振り込み頂きます。
※ご注文の確認と返信は、手作業で行う都合上、営業日等の関係で返信が2〜3日遅れる場合がございますことを、あらかじめご了承願います。

お客様の御入金が確認され次第、
封筒に入れ、速やかに発送いたします。


ご注文はこちらから






ありがとうございました。

.
posted by にゃー at 12:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする