魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2020年07月24日

魚市場は毎日がスポーツの日

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 350キロ、小サバ 100キロ
「石橋」定置:小サバ 330キロ、サバ 260キロ
「 岩 」定置:サバ 140キロ、小サバ 90キロ、ウルメイワシ 160キロ、アジ 60キロ、ヤマトカマス 50キロ、カタクチイワシ 40キロ
「原辰」定置:マイワシ 210キロ、ヤマトカマス 60キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 40キロ ほか
「二宮」定置:アジ 580キロ、小サバ 830キロ、サバ 420キロ、ワカシ 90キロ
「福浦」定置:ワラサ 420キロ、イナダ 270キロ、サバ 190キロ
「大磯」定置:サバ 660キロ、小サバ 850キロ、ワカシ 110キロ、アジ 70キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ、小ムツ ほか
「南伊豆釣」:釣カツオ 130キロ、釣キンメダイ 330キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 360キロ ほか
「大磯地引」:アカカマス 30キロ ほか

釣りの真っ赤の「キンメダイ」、青空のような「ウルメイワシ」、目にも優しい「イナダ」の緑、地引に入った黄金色の「アカカマス」、そして「二宮」で獲れてる黒い「マアジ」。
市場をオリンピックカラーに染めた5種が揃っても、場内の人々は来年開催についての話題を避けて通る謎規制。
それはまるで、小田原周辺の定置網で、今年「アジ」が獲れない事をあえて問わないのと同じ心理なのか、どうなのか?
シーッ! d( ゚ε゚;)
.
posted by にゃー at 13:02| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

文化果つる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 430キロ、小サバ 340キロ、アジ 50キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 110キロ ほか
「 岩 」定置:サバ 150キロ、ヤマトカマス 100キロ、ウルメイワシ 40キロ
「原辰」定置:マイワシ 150キロ、ウルメイワシ 150キロ、ヤマトカマス 40キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 30キロ ほか
「二宮」定置:アジ 480キロ、小サバ 240キロ、サバ 110キロ
「福浦」定置:サバ 190キロ ほか
「大磯」定置:サバ 510キロ、小サバ 300キロ、アジ 90キロ、カタクチイワシ 60キロ、ワカシ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 60キロ、ヤマトカマス 120キロ
「沼津底曳」:マダイ 100キロ、チダイ 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ

「アジ」の第2波はどこへやら、まとまったのは「二宮」の定置だけ。
それも、ちょっと大口の注文が集まればすぐ足りなくなる量に過ぎず、これではお一人様3箱までなんつー、世田谷食品的な商売しかできない。
これでは、市場のボリュームも上がろうはずも無く、さりとて沿岸の漁場はどこも貧漁続きで、今年はどこも目も当てられない数字が並ぶ。
いつまでこんな状態が続くのか?
こんな時、今の季節なら台風が来て海をかき回してくれたらなんて言うものだが、今年に限ってまだその気配すら無く、ただ降る雨はジトジトと頼りない。
もう考えるタイミングは、とうに過ぎている。市場が市場で在り続けるためのサービスを立ち上げる日は、そう遠くない。
posted by にゃー at 18:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

魚市場に隕石が落ちる確率

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 240キロ、小サバ 220キロ、ヤマトカマス 40キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 220キロ、サバ 150キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 100キロ、小サバ 90キロ
「江の安」定:ワカシ、ムツッ子 ほか
「二宮」定置:アジ 100キロ、小サバ 70キロ
「福浦」定置:サバ 290キロ、小サバ 200キロ、ヤマトカマス 60キロ
「大磯」定置:サバ 320キロ、小サバ 240キロ、アジ 50キロ、ワカシ 90キロ

伊豆方面からは、
「宇佐美網」:生シラス 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 440キロ ほか

15952839438141608936691.jpg二日続けて「アジ」の獲れる確率が、今年は特に低いのも気になるが、もっと気になるのは、昨日のロト6の一等が26口当選とか、誰、未来から来たの?
オリンピックが延期になったのを忘れて、タイムリープして来たわけじゃあるまいに。
だから団体で来るなら、インバウンドの団体か「小田原アジ」の団体にして。
.
posted by にゃー at 13:01| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

バズった魚市場でズバッ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.4トン、サバ 600キロ、アジ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 230キロ、小サバ 220キロ、アジ 90キロ
「原辰」定置:小サバ 170キロ、アジ 60キロ、サバ 100キロ、ヤマトカマス 80キロ
「江の安」定:ウルメイワシ、小ムツ ほか
「二宮」定置:サバ 100キロ、アジ 60キロ、ワラサ 50キロ
「福浦」定置:小サバ 750キロ、サバ 500キロ、アジ 110キロ、ウルメイワシ 80キロ、小ムツ 50キロ
「大磯」定置:小サバ 1.4トン、サバ 430キロ、アジ 400キロ、ワカシ 100キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 630キロ
「山下丸網」:ムツッ子 300キロ、イサキ 70キロ、ジンダ 60キロ
「南伊豆釣」:釣ヒレナガカンパチ 80キロ ほか
「宇佐美網」:生シラス 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 240キロ、タチウオ 80キロ

「アジ」が出てきて、「サバ」はバッチリ。
今日明日、相模湾の青魚がタッグで「ウナギ」に挑む。
今年は外出、外食も控える傾向がある中で、街のうなぎ屋も心配だが、もっと気になるのは地元の魚の減量だ。
明日こそは、今年の後半の水揚げを占う上で、漁場の活力が試される大事な朝となるであろう。
.
posted by にゃー at 18:57| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

魚市場のどしゃぶり人生

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 360キロ、ワカシ 130キロ、アジ 60キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 320キロ、小サバ 160キロ、ヤマトカマス 90キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 170キロ、小サバ 90キロ、ヤマトカマス 50キロ、ワカシ 50キロ
「江の安」定:ウルメイワシ、ヤマトカマス ほか
「二宮」定置:サバ 250キロ、小サバ 180キロ、ワカシ 230キロ、アジ 100キロ
「福浦」定置:小サバ 300キロ、サバ 330キロ、アジ 70キロ、ムツッ子 60キロ
「大磯」定置:サバ 520キロ、小サバ 330キロ、ワカシ 50キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 150キロ、ワラサ 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 480キロ、タチウオ 120キロ

実に12年ぶりに、幻の「トゲハナスズキ」を確認。
この雨が止んだら、きっと梅雨が明ける。
そんな気のする朝だった。
posted by にゃー at 18:53| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

ゴースト・オブ・魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 140キロ、サバ 430キロ、小サバ 120キロ、ヤマトカマス 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 160キロ、小サバ 110キロ
「原辰」定置:ヤマトマス 80キロ、サバ 70キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 90キロ ほか
「二宮」定置:アジ 290キロ、小サバ 240キロ、ワカシ 120キロ、サバ 100キロ
「福浦」定置:ワラサ 1.4トン、イナダ 190キロ、タイ 50キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 210キロ、サバ 140キロ、ワカシ 80キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 45キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ、タチウオ 50キロ

大島釣船・・・釣キハダ 260キロ、釣カツオ 200キロ

冷え込んだ今朝、雨続きで増量の願いを叶えたのは「福浦」定置のみの厳しい状況。
「ワラサ」の形は徐々に戻りつつあり、さらに「ヤマトカマス(ミズカマス)」の太さも増しつつある中で、トータル的な漁獲の方も少しずつでも増えてくれると良いのだが。
posted by にゃー at 20:19| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする