魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2020年07月13日

魚市場の舞台公演は大盛況

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:サバ 140キロ、小サバ 90キロ、マイワシ 50キロ、ウルメイワシ 50キロ
「 岩 」定置:イナダ 260キロ、サバ 160キロ、ウルメイワシ 130キロ、トビウオ 70キロ、ヤマトカマス 70キロ
「原辰」定置:サバ 280キロ、ウルメイワシ 230キロ、イナダ 170キロ、マイワシ 50キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 160キロ、マイワシ 50キロ
「二宮」定置:サバ 150キロ ほか
「福浦」定置:クロマグロ 70キロ(1本)、サワラ 570キロ、サバ 200キロ、小サバ 700キロ、小ショウゴ 150キロ、トビウオ 170キロ、ウルメイワシ 50キロ、ムツッ子 40キロ、モジャコ 40キロ
「大磯」定置:サバ 140キロ、小サバ 70キロ、アジ 40キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ムツッ子 60キロ、トビウオ 50キロ
「山下丸網」:ムツッ子 240キロ、イサキ 120キロ

IMG_20200713_083107.jpg金色に輝く「ムツッ子」の急増で、美味しいすり身のネタになーれと魔法をかけるも市場に点る黄色信号。
深海から釣り上げられた赤い珍魚、「ホンフサアンコウ」は、8年ぶりの水揚げで相模湾の「ウポポイ」って感じ。
そんな事より、赤丸急上昇は70キロ級「クロマグロ」の素晴らしさよ。
.
posted by にゃー at 13:31| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする