魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2020年08月04日

魚市場に効く特効薬はない?

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 960キロ、サバ 490キロ、小サバ 600キロ、スルメイカ 50キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 720キロ、サバ 100キロ、ワカシ 1.4トン
「 岩 」定置:ウルメイワシ 3トン、サバ 110キロ、ワカシ 330キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 1トン、サバ 60キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 760キロ ほか
「二宮」定置:アジ 290キロ、サバ 300キロ、ワカシ 120キロ
「福浦」定置:小サバ 2.1トン、サバ 450キロ
「大磯」定置:サバ 250キロ、ワカシ 370キロ、アジ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 170キロ、ワカシ 75キロ
「山下丸網」:イサキ 80キロ、小アジ 120キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 200キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 150キロ、タチウオ 250キロ

1596497826290707905307.jpg「ウルメイワシ」の大漁って書くと良い印象なんだけど。
干物に大き過ぎて、刺身にするには小さい、微妙なサイズの「イワシ」と書くとやるせない。だけど潤んだ瞳で見返されると、こっちとしてもなんとかしたくなるのが人情ってモノ。
包丁でバシバシ捌いて、「ウルメイワシ」尽くしに決め込む覚悟。って、それって刃傷モノ。
ん〜「ちょっと何言ってるか分からない」
.
posted by にゃー at 16:42| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする