魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2020年08月05日

タカサゴヒメジ

20200805_072602.jpg
赤いヒメジ

数あれど

ピンと来たね

これ新顔じゃん!?

20200805_twt.jpg小田原魚國フォロワー
魚クラスタに
助けられました

なになに?
「タカサゴヒメジ」とな?

えっ?

昨日の「タカサゴ

今朝の「ヒメクサアジ

「タカサゴヒメジ」
じゃん!!

何このミラクル


※小田原で獲れる
「ヒメジ」の仲間はコチラ


20200805_072619.jpg
漁獲は、湘南二宮
「二宮定置」

今朝は
二宮の
魚博士君が

家族で
*ディズニーランドへ
行ったために
(*スタッフ調べ)

こんな
珍しい魚が
普通に
雑魚として
処分される所でした

それにしたって

毎日
市場の
隅から隅まで

見て歩くのも

結構、

大変なんですよ
.
posted by にゃー at 18:33| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒメクサアジ

20200805_kusa3.jpg
「クサアジ」
キター!

おん?

20200805_kusa1.jpg
これ

一条だけ
高く伸びている

まさに
一条工務店

つまりは

これが

「ヒメクサアジ」

初めてか?

普通の
「クサアジ」でも

十分
珍しいというのに・・

20200805_kusa2.jpg
口は
可愛い

おちょぼ口

「クロサギ」に
似ていると思うのは
私だけ?

20200805_kusa4.jpg
尾びれの

模様も

意外と

カワイ!

その昔、獲れました
オリジナルの
珍魚「クサアジ」はコチラ

15965719045971544358357.jpg獲れた当初は
活きていたらしく

状態は最高!

ちなみに

漁獲は

真鶴の
「岩」定置
.
posted by にゃー at 18:08| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タカサゴ

20200804_tksg.jpg
沖縄の県民魚
グルクン

といえば
この魚

「タカサゴ」
である。

赤い魚

だから

目出度い魚

の意味で

名付けられたのかと
思ったら

どうやら違うようで

その名の由来は

東京や小田原で
呼ばれていた名前が
由来とも

ほんまかいな?

小田原周辺の
定置網では

夏にちょこっと

獲れる程度の

珍魚の一種。

その昔、獲れた

イッセンタカサゴ

は、

名の通り

一線多い。

高砂と言えば

DoWWHfbU4AI953j.jpg小津安二郎監督の
映画「彼岸花」の

冒頭の場面でも
出てくるが、

めでたい宴席が
よく似合う。

「四海波
静かにて、
国も治まる
時つ風、

君の恵みぞ
ありがたき」

謡曲「高砂」の一節である

その歌の如く

この波乱の社会が
一刻も早く
治まり

平穏な社会が
戻ることを

祈りたい
.
posted by にゃー at 18:00| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私は魚市場に命を預けた

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 2.9トン、小サバ 550キロ、サバ 220キロ、マイワシ 50キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 2.5トン、ワカシ 270キロ、小サバ 100キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 4.2トン、サバ 100キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 1.5トン、小サバ 75キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 240キロ、ワカシ 200キロ、マイワシ 280キロ、アジ 110キロ、サバ 130キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 460キロ、ワカシ 200キロ、小サバ 120キロ

1596571925887113746131.jpg日に日に「ウルメイワシ」の割合は増え続けており、いよいよその量も10トンを超えてきた。
この先、どこまで伸びるのか?気にはなるところだが、他の魚の量が伸びない事の方がもっと気になるし、心配にさえなる。
夏真っ盛りとは言え「トビウオ」は一気に減って、「シイラ」もまるで見掛けない。
夏の代表「メイチダイ」や特大「イサキ」と言った貴重な高級夏魚もほとんど姿を見せておらず、心配の種は尽きない。
市場の流しには、ポツポツと秋の魚も並び始めており(「ムロアジ」や「ヘダイ」、「ショウゴ」など)、このまま増え続けてしまうのではないかという危惧と、「まさか、そんなことはあるまい」と思う自分との闘いが続いており、「海はもう変わってしまった」と理解しようとしているのではあるが、そう簡単に諦めてたまるかという思いも断ち切れずにいる。
posted by にゃー at 17:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする