魚体中骨抜き器販売中

2020年09月22日

魚市場のスリンキー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小サバ 2.5トン、ヤマトカマス 830キロ、ワカシ 90キロ
「 岩 」定置:小サバ 2.8トン、ヤマトカマス 470キロ、オアカムロ 430キロ、シイラ 350キロ、ウスバハギ 100キロ、サバ 150キロ
「原辰」定置:マイワシ 800キロ、ヤマトカマス 430キロ、シイラ 220キロ、小サバ 100キロ
「江の安」定:小サバ 1.2トン、ヤマトカマス 280キロ、シイラ 170キロ、アジ 70キロ
「二宮」定置:小サバ 4.6トン、サバ 930キロ、アジ 220キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:小サバ 3.7トン、サバ 170キロ、ヤマトカマス 90キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 600キロ、アカカマス 100キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 90キロ、タチウオ 230キロ

パッと出て、パッと過ぎる。
早さだけが取り柄の台風となれば良いが。
木、金曜は接近、通過が予想され、定置の操業は多くが影響を受ける見通し。
通過後の土曜日も、影響次第で魚は少なくなることも考えられ、網を抜いたりすれば、復旧作業に一日を要すと考えて、再操業は週明け月曜となる公算が高い。
さすれば魚のある明日、今週の水曜日は狙い目となる。
パッと目についた魚を、パッと買う。
この瞬発力に尽きる。
posted by にゃー at 13:32| Comment(1) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

魚市場の秋はおけまる水産

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2.5トン、ヤマトカマス 530キロ、ウスバハギ 110キロ、サバ 140キロ、マルソウダ 160キロ、アジ 100キロ、アカカマス 100キロ、オアカムロ 90キロ、シイラ 60キロ
「石橋」定置:小サバ 1.5トン、イナダ・ワカシ 180キロ、アジ 100キロ、ヤマトカマス 80キロ
「 岩 」定置:シロカジキ 60キロ、ヤマトカマス 130キロ、アジ 100キロ
「原辰」定置:小サバ 60キロ ほか
「江の安」定:小サバ 3.8トン、ヤマトカマス 710キロ、マルソウダ 100キロ、シイラ 80キロ
「二宮」定置:小サバ 1トン、サバ 590キロ、アジ 220キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:小サバ 5.2トン、サバ 200キロ

東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 100キロ
「三崎釣船」:釣メダイ 210キロ

「小サバ」体制の継続路線と圧倒的強化、まだまだ続くこの勢い。
「カマス」、「ワカシ」も負けじと奮起する中、「小アジ」が意外に盛り返す。
さらに、隙間に白身魚がチョロチョロ混じって、ますます充実。秋の海。
実りの秋は、魚種の秋。
ここに完成、小田原の秋の味覚。
posted by にゃー at 17:25| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

清く正しく美しい魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 18.5トン、ヤマトカマス 1.5トン、マルソウダ 660キロ
「石橋」定置:小サバ 14トン、ヤマトカマス 480キロ、メアジ 180キロ、アジ 130キロ
「 岩 」定置:小サバ 11.3トン、オアカムロ 290キロ
「原辰」定置:小サバ 2.3トン、マルソウダ 140キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワカシ 590キロ、シイラ 130キロ、ムツッ子 100キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 170キロ ほか
「神津釣船」:釣キンメダイ 240キロ ほか

東方面からは、
「三崎釣船」:釣メダイ 220キロ ほか

20200918_091302.jpg事務所から見える東海道新幹線、フト見上げた視界にドクターイエローが通れば、あいさつは欠かしません。
朝、出社したての社員は、先輩も新人も、何も言わなくても全員が「予科顔」をしてるってんだから、エライよね。
ふぁ〜・・💤
posted by にゃー at 17:12| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

魚市場の魚勢回復担当大臣

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ ※35トン、マルソウダ 530キロ、イサキ 100キロ、ヤマトカマス 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 10.7トン、ヤマトカマス 100キロ
「原辰」定置:小サバ 3トン、マルソウダ 300キロ、ヤマトカマス 120キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 2.5トン、サバ 220キロ、アジ 210キロ
「福浦」定置:小サバ 1.8トン、イナダ 360キロ、ワカシ 210キロ、サバ 140キロ、アジ 80キロ
「大磯」定置:小サバ 4.6トン、サバ 140キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 610キロ、ウスバハギ 80キロ

まだまだ終わらない。「小サバ」の勢いV字回復。
3連休を前にして、今日明日明後日と一暴れってとこか。
※「米神」定置は「小サバ」大漁に付き、ダブルヘッダー
posted by にゃー at 16:10| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

秋だから…魚市場へ行こう

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.2トン、アジ 260キロ、マルソウダ 300キロ、イサキ 160キロ、サバ 140キロ、ヤマトカマス 100キロ
「石橋」定置:小サバ 2.2トン ほか
「 岩 」定置:マルソウダ 700キロ、小サバ 320キロ、ワカシ 230キロ、ヤマトカマス 140キロ、サバ 90キロ、ウスバハギ 100キロ
「原辰」定置:マルソウダ 250キロ、小サバ 190キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 5.3トン、サバ 340キロ、アジ 300キロ、ショウゴ 60キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:小サバ 780キロ、サバ 70キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワカシ 610キロ、アジ 270キロ、ウスバハギ 190キロ、ムツッ子 160キロ
「網代定置」:シイラ 120キロ、イナダ 45キロ

昨年は「ウスバハギ(シロウマ)」が極端に少なかった印象があるのだが、今年はどうやら9月から獲れだしている。
まだ出始めの感もあり、小さめ主体ではあるが、これからの成長と増加が見込まれる。
同じく、秋になると増えてくる魚「ショウゴ(カンパチ)」や「ヘダイ(シロダイ)」も増えてきて、相模湾全体ますます秋度は増すばかり。
「小アジ」も年によって増減があるのだが、秋らしい魚であり、ここ数日「米神」で獲れだしている。
そして「ヤマトカマス(ミズカマス)」はもちろん、細かい魚種もひっくるめた実りの充実する秋に向かって、今小田原はまっしぐらである。
posted by にゃー at 17:59| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

恣意的に操作されない魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2.3トン、サバ 350キロ、小アジ 260キロ、サクラエビ 240キロ、ワカシ 250キロ、ヤマトカマス 110キロ
「石橋」定置:小サバ 5.4トン、サバ 200キロ
「 岩 」定置:ワカシ 2.5トン、イナダ 200キロ、小サバ 1.2トン、ヤマトカマス 180キロ、サバ 160キロ、アジ 100キロ
「原辰」定置:小サバ 550キロ、サバ 120キロ、ヤマトカマス 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:小サバ 1.6トン、サバ 300キロ、マルアジ 150キロ、ショウゴ 130キロ、アジ 110キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワカシ 630キロ、ヤマトカマス 500キロ
「山下丸網」:イナダ・ワカシ 890キロ、マダイ 80キロ、小アジ 60キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 200キロ

東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 50キロ、アジ 40キロ

202009_uoichibazon.jpgてくてく
★★★★★ これこそ本当の相模湾の宝石箱やあ
2020/09/14に日本でレビュー済み
Uoichibazonで購入
朱い宝石を散りばめたような市場の売り場は、新しい秋の風物詩となるだろう

202009_uoichibazon.jpgUoichibazonカスタマー
★★★★☆ ちょ、待って。なぜにこれを売りにしない!?
2020/09/14に日本でレビュー済み
Uoichibazonで購入
駿河湾から相模湾へ、新しい名物の誕生に沸き立つ城下町というイメージ

202009_uoichibazon.jpgカッパ
★★☆☆☆ 少しがっかりした
2020/09/14に日本でレビュー済み
Uoichibazonで購入
思っていたより高くてびっくり、なんなら由比産より美味しいんじゃないか!?

202009_uoichibazon.jpghiromi55
★★★★★ 正真正銘、真的樱花虾
2020/09/14に日本でレビュー済み
Uoichibazonで購入
小さいエビの味は、ただ生命のものに新鮮で、虾の味は生き生きしていて、そしてよいです。

390人のお客様がこれが役に立ったと考えています

202009_review.jpgどや。これが小田原産「サクラエビ」のレビューや!
間違っても「やらせ・サクラレビュー」やないから、そこんとこ間違えんといてくれや!
posted by にゃー at 18:15| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする