魚体中骨抜き器販売中

2020年10月26日

終電繰上げ、魚市場は繰下げ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワカシ 1.8トン、ヒラソウダ 1.8トン、小アジ 340キロ、シイラ 330キロ、メジ 150キロ、ワラサ 160キロ
「石橋」定置:小アジ 530キロ、ヒラソウダ 280キロ、ワラサ 130キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ヒラソウダ 550キロ、シイラ 260キロ、マルソウダ 180キロ
「江の安」定:ヒラソウダ 780キロ、マルソウダ 150キロ、アジ 140キロ、アカカマス 110キロ、カンパチ 100キロ、シイラ 250キロ、ヤマトカマス 80キロ
「二宮」定置:イナダ 1.1トン、ワカシ 130キロ、ヒラソウダ 100キロ、アジ 50キロ
「福浦」定置:ワカシ 360キロ、シイラ 220キロ、メジ 160キロ、ウスバハギ 140キロ、サバ 130キロ、ヒラソウダ 90キロ
「大磯」定置:ヒラソウダ 1トン、ウスバハギ 230キロ、マルソウダ 200キロ、マルアジ 120キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 1.8トン、ヤマトカマス 330キロ、マンボウ 110キロ

大島釣船・・・釣カツオ 370キロ

今年は「ウスバハギ」が多い、「カワハギ」は来月、ちゃんと獲れてくれるだろうか?
そんな心配を余所に、まだまだ獲れ続ける「シイラ」の勢いに、今年はいつまで獲れるのか?と不安さえよぎる。
posted by にゃー at 15:22| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

魚は水揚げ魚市場を選ばない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 1トン、小サバ 180キロ、サバ 140キロ、マイワシ 300キロ、イサキ 130キロ、マルソウダ 100キロ、ハマフエフキ 80キロ
「石橋」定置:小アジ 250キロ、ヤマトカマス 70キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ウスバハギ 170キロ、シイラ 50キロ
「江の安」定:ヤマトカマス、ウルメイワシ ほか
「二宮」定置:ワカシ 320キロ、ウルメイワシ 130キロ、ウスバハギ 100キロ、マイワシ 90キロ
「福浦」定置:シイラ 710キロ、小サバ 190キロ、メジ 170キロ、イナダ・ワカシ 210キロ、ウスバハギ 90キロ
「大磯」定置:マルアジ 100キロ、ヒラソウダ 100キロ、ウルメイワシ 50キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 150キロ、ワカシ 280キロ

完全なる西高東低
しかして、全体なる低空飛行
秋の終わりか、冬の始まりか
そこへ現れる突然の「ハマフエフキ」の大群
それを見て「タマンねえ」と絶叫する矛盾
posted by にゃー at 18:07| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

魚市場にプワソンモリモリ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 800キロ、小サバ 350キロ、小アジ 260キロ、サバ 180キロ、マルソウダ 230キロ
「石橋」定置:マルソウダ 4.4トン、アカカマス 350キロ、ヤマトカマス 310キロ、小アジ 250キロ、ムロアジ 150キロ、ショウゴ 120キロ、イナダ 100キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ウスバハギ 100キロ、ショウゴ 40キロ
「江の安」定:小アジ 80キロ、ウスバハギ 60キロ
「二宮」定置:ウルメイワシ 230キロ、ウスバハギ 130キロ、ヒラソウダ 110キロ
「福浦」定置:イナダ 960キロ、ワカシ 250キロ、ショウゴ 120キロ、小イサキ 110キロ
「大磯」定置:小サバ 50キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:メジ 530キロ
「網代定置」:イナダ 420キロ、アカカマス 200キロ

全体的なボリュームダウンはいかなるものか、陽気の変化か潮の加減か。
その評価はまるで、年ごとに変わるボジョレーの評価のようなもので、まさしく千変万化。
「ここ数年で一番出来が良い」
「10年に1度の当たり年」
「近年にない良い出来」
「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
「小粒だが味の濃いブドウが収穫できた」
・・・
そして、今朝の水揚げをボジョレー風に表するならば、さしずめ「過去10年で最高と言われるレベルで魚種が多く、中々の品揃え」といったところか。
posted by にゃー at 18:29| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

メデタシメデタシ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルソウダ 25トン、小アジ 1.8トン、ヤマトカマス 480キロ、アカカマス 300キロ、小サバ 100キロ、小イサキ 400キロ、ムロアジ 520キロ、アジ 90キロ、ショウゴ 45キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:マルソウダ 220キロ、小アジ 100キロ、ヤマトカマス 40キロ、シイラ 40キロ
「江の安」定:マルソウダ 140キロ、ショウゴ 140キロ、小アジ 130キロ、小サバ 60キロ、ヤマトカマス 50キロ
「二宮」定置:アジ 50キロ、ウスバハギ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 540キロ、ワカシ 350キロ、小サバ 150キロ、シイラ 140キロ、ウスバハギ 110キロ、メジ 80キロ
「大磯」定置:小サバ 240キロ、ウルメイワシ 90キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ウスバハギ 280キロ、ワカシ 370キロ、アカカマス 65キロ

20201019_10104.jpg♪俺は東京生まれ ヒップホップ育ち 悪そうな奴は大体、友達!
コレは相模湾育ち小田原朝獲れ。マルソウダ、ヤツは大体、節だし
posted by にゃー at 20:20| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

予約殺到即完売めざす魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 3.9トン、小アジ 2.1トン、ヤマトカマス 870キロ、ムロアジ 810キロ、小サバ 400キロ、アカカマス 200キロ、チダイ 130キロ、イナダ 100キロ、シイラ 100キロ、ウスバハギ 90キロ、サバ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルソウダ 2.6トン、小アジ 1トン、シイラ 150キロ、小サバ 140キロ、ヤマトカマス 130キロ、ウスバハギ 100キロ、イサキ 85キロ、ショウゴ 70キロ、メジ 70キロ
「原辰」定置:マルソウダ 300キロ、ヤマトカマス 60キロ
「江の安」定:マルソウダ 350キロ、小アジ 150キロ、ヤマトカマス 100キロ、ウスバハギ 80キロ
「二宮」定置:ウルメイワシ 270キロ、ウスバハギ 90キロ
「福浦」定置:小サバ 500キロ、イナダ・ワカシ 510キロ、ウスバハギ 190キロ、カンパチ 230キロ、小イサキ 110キロ、ワラサ 50キロ、メイチダイ 50キロ
「大磯」定置:小サバ 880キロ、マルソウダ 220キロ、マルアジ 70キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:シイラ 520キロ、イナダ 420キロ、アカカマス 470キロ、ウスバハギ 130キロ、ウルメイワシ 100キロ、ヤマトカマス 150キロ

「マルソウダ」が獲れ続けているその影で、「アジ」が何気に獲れ続けている。
ここまで比較的少なかった「小田原アジ」であるが、秋は春に次ぐ「アジ」のシーズンで、春よりも多少小ぶりのサイズが獲れると言われ、今年も順調に50g前後の「小アジ」を中心に、小田原から真鶴に至る沿岸の定置網に入り出した。
ただし、例年よりも若干サイズが小さい事は気になるが、「アジ」は「アジ」。なんぼ言うても「アジ」である。
プレミアムな魚をプレミアムなキャンペーンでいただく、そんなお得があるだろうか。
posted by にゃー at 19:05| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

終ないBIGマグナム魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 29.5トン、アジ 1.5トン、小サバ 500キロ、ムロアジ 80キロ、チダイ 60キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルソウダ 7.3トン、アジ 780キロ、小サバ 500キロ、カンパチ 150キロ
「原辰」定置:マルソウダ 4.9トン、小サバ 400キロ、ヤマトカマス 130キロ
「江の安」定:アジ 740キロ、マルソウダ 450キロ、ショウゴ 180キロ
「二宮」定置:マルソウダ 1.9トン、ショウゴ 150キロ、小サバ 120キロ、ウスバハギ 100キロ
「福浦」定置:マルソウダ 1.2トン、小サバ 1.2トン、シイラ 120キロ、マルアジ 60キロ
「大磯」定置:マルソウダ 2.3トン、小サバ 320キロ、マルアジ 60キロ、アジ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワカシ 580キロ、アカカマス 140キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 140キロ、マルアジ 70キロ

ヒント:1966年11月17日フランス生まれ
ヒント:13歳の時に映画の主役でデビュー
ヒント:1982年、仏の映画賞で最優秀新人女優賞を受賞
ヒント:1991年には舞台で最優秀新人女優賞を受賞
ヒント:1999年にはボンドガールを演じ、世界的な人気に
Q:自身の名を冠した日本語題名の多い仏女優と言えば?

そそ、ソフィー・マルソーだ!
でもって、今朝最も多く獲れたのは「マルソウダ」!
って、それが言いたかっただけの記事なんだ。
posted by にゃー at 14:50| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする