魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル アルバイト募集

2020年10月09日

未だ覚めず池塘春草の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 2.5トン、マルソウダ 2トン、アカカマス 390キロ、小サバ 150キロ、シイラ 110キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 2.4トン、アカカマス 550キロ、マルソウダ 400キロ、小サバ 150キロ
「 岩 」定置:シイラ 1トン、マルソウダ 670キロ、ヤマトカマス 600キロ、小サバ 450キロ、アカカマス 310キロ
「原辰」定置:メジ 220キロ、マルソウダ 220キロ、ヤマトカマス 180キロ、アカカマス 60キロ
「江の安」定:マルソウダ 870キロ、ヤマトカマス 720キロ、小サバ 100キロ、シイラ 110キロ、アカカマス 150キロ
「二宮」定置:小サバ 480キロ、サバ 120キロ、ヤマトカマス 170キロ、小イサキ 50キロ
「福浦」定置:小イサキ 210キロ、小サバ 150キロ、イナダ 100キロ
「大磯」定置:小サバ 1.3トン、マルアジ 160キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 560キロ、メジナ 170キロ、ウスバハギ 130キロ

近年最高の脂のりと言われた「サバ」の群れはどこへ、定置網はどこも「マルソウダ」と「ヤマトカマス」に染まり、「シイラ」や「小サバ」が混じるくらい。「アジ」もその姿を消し、まるで幻。
幸いに台風は西から方向を東へ転ずるも、本州の遙か南を沖通りの予報で、広がる安堵と安心感。ただし雨は降り続く模様で、冷え込みも今週いっぱいは続くよう。
すっかり鍋日和の日々に、売り場で探す「クエ」や「アラ」。
しかし、欲しいときに魚無く、仕方なしと秋鮭に浮気も、これぞ秋の味と言い訳しばし、鍋をつつく。
posted by にゃー at 15:31| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする