魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2020年10月20日

予約殺到即完売めざす魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 3.9トン、小アジ 2.1トン、ヤマトカマス 870キロ、ムロアジ 810キロ、小サバ 400キロ、アカカマス 200キロ、チダイ 130キロ、イナダ 100キロ、シイラ 100キロ、ウスバハギ 90キロ、サバ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルソウダ 2.6トン、小アジ 1トン、シイラ 150キロ、小サバ 140キロ、ヤマトカマス 130キロ、ウスバハギ 100キロ、イサキ 85キロ、ショウゴ 70キロ、メジ 70キロ
「原辰」定置:マルソウダ 300キロ、ヤマトカマス 60キロ
「江の安」定:マルソウダ 350キロ、小アジ 150キロ、ヤマトカマス 100キロ、ウスバハギ 80キロ
「二宮」定置:ウルメイワシ 270キロ、ウスバハギ 90キロ
「福浦」定置:小サバ 500キロ、イナダ・ワカシ 510キロ、ウスバハギ 190キロ、カンパチ 230キロ、小イサキ 110キロ、ワラサ 50キロ、メイチダイ 50キロ
「大磯」定置:小サバ 880キロ、マルソウダ 220キロ、マルアジ 70キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:シイラ 520キロ、イナダ 420キロ、アカカマス 470キロ、ウスバハギ 130キロ、ウルメイワシ 100キロ、ヤマトカマス 150キロ

「マルソウダ」が獲れ続けているその影で、「アジ」が何気に獲れ続けている。
ここまで比較的少なかった「小田原アジ」であるが、秋は春に次ぐ「アジ」のシーズンで、春よりも多少小ぶりのサイズが獲れると言われ、今年も順調に50g前後の「小アジ」を中心に、小田原から真鶴に至る沿岸の定置網に入り出した。
ただし、例年よりも若干サイズが小さい事は気になるが、「アジ」は「アジ」。なんぼ言うても「アジ」である。
プレミアムな魚をプレミアムなキャンペーンでいただく、そんなお得があるだろうか。
posted by にゃー at 19:05| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする