魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2020年12月19日

それが魚市場らしさの真骨頂

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 1.4トン、イナダ 720キロ、サバ 420キロ、ヒラソウダ 320キロ、小サバ 190キロ、ショウゴ 130キロ、小マルアジ 100キロ、小アジ 60キロ
「石橋」定置:マルソウダ 5.5トン、ヒラソウダ 140キロ、サバ 330キロ、ショウゴ 80キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 3.3トン ほか
「原辰」定置:マルソウダ 410キロ、ヒラソウダ 250キロ、ウスバハギ 110キロ
「江の安」定:サバ 65キロ、メアジ 50キロ
「二宮」定置:イサキ 220キロ、サバ 70キロ
「福浦」定置:ウスバハギ 160キロ、小サバ 100キロ、ヒラソウダ 60キロ
「大磯」定置:サバ 50キロ ほか

寒いのは確か
魚が減ったのは確か
宴会需要皆無は確か
日本中時化で入荷減は確か
宿泊予約キャンセル増は確か
その割に魚価が高いのは何故か

今日のヒラメ ・・・ 34枚
posted by にゃー at 18:17| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする