魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2020年12月28日

魚市場に年末年始はない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 200キロ、イナダ 110キロ、ハガツオ 70キロ
「石橋」定置:ショウゴ 50キロ、カワハギ 50キロ
「 岩 」定置:サバ 210キロ、小サバ 130キロ、マルソウダ 50キロ
「原辰」定置:ウスバハギ 80キロ、カワハギ 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ウスバハギ、カワハギ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:小アジ 350キロ、スルメイカ 90キロ、アカカマス 130キロ
「真鶴定置」:イナダ 380キロ、ワラサ 50キロ

どこか気忙しい気持ち、ワサワサした空気感、荷を山ほど積み込む姿、山積みの「冷凍カニ」、流しにずらりと並ぶ「ハマチ」、投げ出したくなるほどの注文、天井知らずの上げ相場、魚を求める血眼の客・・・あれらはみんなどこへ消えたのか?
まるで年末年始の雰囲気なし。

今日のヒラメ ・・・ 50枚
posted by にゃー at 19:02| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする