魚体中骨抜き器販売中

2021年04月16日

長引く魚市場のブリ緩和策

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 20.4トン、ブリ・ワラサ 970キロ、小サバ 310キロ、アジ 120キロ、チダイ 120キロ、サバ 90キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ・ワラサ 1トン、アオリイカ 280キロ、スルメイカ 150キロ、サワラ 80キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ 330キロ、アジ 50キロ
「江の安」定:ブリ・ワラサ 160キロ ほか
「二宮」定置:ブリ・ワラサ 550キロ、イシダイ 160キロ、ウマヅラハギ 80キロ、マイワシ 2.8トン
「福浦」定置:ブリ・ワラサ 640キロ、イナダ 120キロ
「大磯」定置:アカカマス 70キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:スルメイカ 330キロ ほか
「赤沢定置」:ブリ 1.1トン ほか

各地で獲れる「ブリ」の山。
好調な水揚げを反映して進む「ブリ」売りの流れ、その流れを受けて「ブリ」の評価は急上昇中。
評価の高まりは、円高ブリ安を止めることができるのか?
好調な水揚げをさらに後押しするのは、ここで踏ん張るみんなの「ブリ」買いの力一つに掛かっている。

今日のヒラメ ・・・ 176枚
posted by にゃー at 18:41| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする