魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年05月15日

アドリブ天国の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 910キロ、アジ 300キロ、サバ 110キロ
「石橋」定置:アジ 1トン、チダイ 100キロ、カタクチイワシ 100キロ、スルメイカ 70キロ
「 岩 」定置:アオリイカ 150キロ、アジ 200キロ、小サバ 100キロ、スルメイカ 70キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.5トン、アジ 200キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 140キロ、アジ 70キロ
「二宮」定置:アジ 240キロ、小サバ 110キロ、サバ 80キロ
「福浦」定置:小サバ 1.4トン、サバ 120キロ
「大磯」定置:アジ 300キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈定置」:アオリイカ 210キロ ほか
「富戸定置」:スルメイカ 200キロ、イナダ 140キロ、ワラサ 120キロ、アジ 150キロ
「富戸釣船」:釣ケンサキイカ 210キロ

和歌山船 ・・・ 釣キハダ 400キロ

昨日の「アジ」一色から一転、今日は小田原地魚アラカルトな一日となった。
旬の走りとなる太りの良い「イサキ」を筆頭に、「カワハギ」、「カイワリ(カクアジ)」と言った人気の脇役も顔をそろえ、初夏らしい充実のラインナップ。
潮の大きく動く季節だけに、まだまだ日々変化のありそうな気配である。
.
posted by にゃー at 21:24| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月14日

魚市場監督のブロックサイン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 280キロ、サバ 200キロ、イサキ 70キロ
「石橋」定置:アジ 850キロ、小マルアジ 210キロ、スルメイカ 90キロ
「 岩 」定置:アジ 840キロ、アオリイカ 470キロ、サバ 240キロ、スルメイカ 100キロ、イシダイ 50キロ
「原辰」定置:アジ 270キロ、サバ 160キロ、カタクチイワシ 100キロ
「江の安」定:アジ 300キロ、カタクチイワシ 90キロ
「二宮」定置:アジ 1トン、マイワシ 1.1トン、サバ 130キロ、小サバ 240キロ、イサキ 80キロ
「福浦」定置:小サバ 300キロ、ブリ・ワラサ 70キロ、サバ 70キロ
「大磯」定置:アジ 160キロ、サバ 90キロ

全国の新型コロナウイルスに罹患した患者の9割以上が、英国由来の「変異株」に置き換わったというが、どうやら小田原の定置網の9割も相模湾由来の「マアジ」に置き換わった様だ。
しかし、まだまだ量的には緊急事態とは言えないものの、マーケット的には連日の水揚げですでに蔓延完了状態で相場もほぼ底。
今後の市場を支える為の流動性拡大の鍵は、サイズアップと販路拡大につながる奥に控えし大御所の「Go!」待ちと言えるだろう。
.
posted by にゃー at 12:29| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月13日

魚市場のアジはメジャー級

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 850キロ、ワカシ 90キロ
「石橋」定置:アジ 640キロ、スルメイカ 240キロ、小サバ 390キロ、サバ 210キロ、
「 岩 」定置:アオリイカ 270キロ、小サバ 270キロ、サバ 110キロ、スルメイカ 90キロ
「原辰」定置:アジ 570キロ、サバ 410キロ、カタクチイワシ 1トン、小サバ 340キロ、アオリイカ 100キロ
「江の安」定:アジ 150キロ、サバ 180キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:小サバ 1.5トン、サバ 200キロ
「大磯」定置:アジ 260キロ、アカカマス 60キロ

伊豆方面からは、
「赤沢定置」:アジ 230キロ、小サバ 600キロ
「網代定置」:スルメイカ 230キロ、アカカマス 240キロ
「宇佐美釣」:釣ケンサキイカ 150キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 350キロ、タチウオ 100キロ

小田原 ・・・ 釣カツオ 170キロ

今年は遅めの登場ではあったが、スロースターターも加速してくれば、一気に行く事を教えてくれる様に、「小田原アジ」はその勢いを増している。
20210513_1620860285820.jpg太りも良くなり、平均サイズも徐々に上がり、気分も上々。
鮮度抜群で刺身良し、脂ものって焼き物良し、身も厚くなってフライ良し。一人三役三刀流。
まさにエンゼルスの大谷翔平ばりの大活躍である。
しかし価格はお値打ち、エンゲル係数の心配はご無用だ。
.
posted by にゃー at 16:30| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

魚市場が如く

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 150キロ、小サバ 50キロ
「石橋」定置:アジ 200キロ、スルメイカ 120キロ、サバ 90キロ
「 岩 」定置:アオリイカ 180キロ、ボラ 140キロ、小サバ 270キロ、サバ 160キロ、トビウオ 50キロ
「原辰」定置:サバ 140キロ、カタクチイワシ 50キロ
「江の安」定:サバ 150キロ、カタクチイワシ 210キロ
「二宮」定置:アジ 220キロ ほか
「福浦」定置:小サバ 1.5トン、サバ 200キロ、ブリ 80キロ
「大磯」定置:アジ 180キロ、アカカマス 100キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 350キロ、スルメイカ 170キロ、ヒラマサ 150キロ
「富戸定置」:アジ 120キロ、スルメイカ 300キロ、サバ 280キロ、小サバ 280キロ
「宇佐美釣」:釣ケンサキイカ 310キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 680キロ

数日前はさざ波だった「アジ」が、今やビッグウエーブになりつつある気配。
休み明けから週後半は、一気に来るか?
「アジ」の街、小田原、ここに極まれり。
.
posted by にゃー at 15:12| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

キビナゴ

20210508_065902.jpg
ツンと
スマした顔に
ツヤツヤのお肌

イケてる
「カタクチイワシ
(ヒコイワシ)」的な
存在

だけど
小田原では
滅多に見掛けない
貴重な珍客

地方によっては
夜な夜な
繰り出して
明かりを照らして
集まったところを
網で掬い取る漁法が
行われており

小田原には

そうして
獲った魚が

入荷する程度

市場としては
四国や関西方面から
陸送で来た魚が
良く並び

比較的
人気のある魚

全国の沿岸に
いるものの

表層を
群れているためか

定置網には
入りにくい

定置網漁で
水揚げされた
魚を見掛けるのは

年間通して
ごく僅かである

その為

ポピュラーな魚の割に

珍重される

小田原近隣では

三重方面からの
移住者が多いためか

「キミナゴ」

と呼ぶ事が

多い様に感じる
.
posted by にゃー at 17:00| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とっておきの魚市場活用法

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 300キロ、サバ 260キロ、スルメイカ 50キロ
「石橋」定置:アジ 260キロ、サバ 250キロ、スルメイカ 170キロ、チダイ 60キロ
「 岩 」定置:アオリイカ 190キロ、小サバ 190キロ、サバ 160キロ、スルメイカ 100キロ
「原辰」定置:サバ 340キロ、小サバ 150キロ、カタクチイワシ 260キロ
「江の安」定:サバ 170キロ、メジナ 60キロ
「二宮」定置:アジ 90キロ ほか
「福浦」定置:小サバ 2.4トン、サバ 120キロ、トビウオ 100キロ、アオリイカ 60キロ
「大磯」定置:アジ 150キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 360キロ ほか

今年も幻となってしまった「小田原あじ・地魚まつり(※現時点では中止ではなく延期)」。
春の最も美味しい季節の「小田原アジ」を楽しみにしていた人も多かったろうに、実に残念だ。
と言っても、本来の開催予定であった4月の後半では、まだ言うほど「アジ」も獲れておらず、むしろ今週からが本格的な旬の「小田原アジ」が増えてくる(であろう)タイミングになる。
と言うことは、今からでも遅くはない。
近所の魚屋やスーパーに行って「小田原アジ」を購入し、是非とも「在宅小田原あじ・地魚まつり」を自宅で開催していただきたい。
これこそ誰にも迷惑をかけることなく、自己満足最高点を獲られ、しかも最安に済ませられる、もっとも簡単且つ確実な方法なのだから。
.
posted by にゃー at 13:56| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする