魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年05月24日

魚市場って、たまらない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.2トン、サバ 220キロ、アジ 300キロ、カタクチイワシ 370キロ、マルアジ 70キロ、スルメイカ 60キロ
「石橋」定置:アジ 730キロ、サバ 600キロ、マルアジ 400キロ、カタクチイワシ 150キロ
「 岩 」定置:クロマグロ 1本(99キロ)、カタクチイワシ 330キロ、小サバ 300キロ、アオリイカ 200キロ、サバ 200キロ、アジ 150キロ、スルメイカ 70キロ
「原辰」定置:サバ 330キロ、小サバ 350キロ、カタクチイワシ 270キロ、アジ 60キロ、アオリイカ 60キロ
「江の安」定:アジ 130キロ、カタクチイワシ 80キロ、サバ 80キロ
「二宮」定置:アジ 400キロ、小サバ 200キロ、ワカシ 200キロ
「福浦」定置:小サバ 490キロ、シイラ 120キロ、イサキ 100キロ、マルアジ 110キロ、サバ 80キロ、アジ 60キロ、トビウオ 60キロ、スルメイカ 60キロ
「大磯」定置:アジ 320キロ、カタクチイワシ 150キロ、サバ 100キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:スルメイカ 380キロ ほか
「宇佐美釣」:釣ケンサキイカ 140キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 780キロ、アカカマス 100キロ

今朝は100キロ級の巨大「クロマグロ」から始まって、「シイラ」や「トビウオ」までまとまり、すっかり夏の様相。
その中で「カタクチイワシ」や「スルメイカ」、その中に「アジ」や「サバ」、「ワカシ」までが混じり、定置網はなかなかのカオス。
魚種の充実は著しいが、細かい魚が増えてきてのもまた事実。今後はそれら小さい魚の成長待ちと、その中に混じりだした「イサキ」や「カマス」の増量期待。
.
posted by にゃー at 17:09| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする