魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年05月28日

ドジっ子魚市場はなぜモテる

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1トン、サバッ子 1.2トン、サバ 140キロ、マルアジ 240キロ
「石橋」定置:アジ 1.6トン ほか
「 岩 」定置:サバッ子 10トン、アジ 1.1トン、アオリイカ 80キロ
「原辰」定置:サバッ子 4.6トン、アジ 500キロ、サバ 300キロ、マルアジ 80キロ
「江の安」定:サバッ子 4.5トン、アジ 250キロ
「二宮」定置:アジ 1.4トン、サバッ子 770キロ、サバ 200キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 100キロ、サバ 100キロ、カタクチイワシ 50キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 330キロ、アカカマス 110キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ

しかし、今朝の漁港を埋めたのはドジっ子でも、魔女っ子でもなく、更に言うならば、どじょっ子でも鮒っ子でもなく、季節の風物詩とも言うべき「サバッ子」であった。
此奴も年によってはまるで姿を見せないモノの、近年は5月終わりからのレギュラーと化し、アチコチの網に湧く、という表現がぴったりなほどに獲れ出す時がある。
1622151680298.jpg今朝などは「カタクチイワシ(ヒコイワシ)」と混ざりながらの漁獲で、さらに10トンレベルの大漁もあり、なかなかに選別は困難を極めた。
その魚群の中には「アジ」も混ざっており、その抽出が主な作業になるわけだが、その「アジ」も思った以上に出てくるから、もうこうなるとあとは根気と粘りである。
この闘いは長くなるのか?闘いの果てに待つものは何か?日々の問いに答えは出るのか?
憎まれっ子の、さぁ跋扈はまだ始まったばかりである。
.
posted by にゃー at 17:22| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする