魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年06月17日

緑黄色魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.7トン、アジ 660キロ、サバ 280キロ、ワカシ 90キロ
「石橋」定置:アジ 410キロ、サバッ子 150キロ
「 岩 」定置:シイラ 300キロ、アカカマス 130キロ、アジ 120キロ、サバ 80キロ
「原辰」定置:ワカシ 450キロ、サバ 130キロ、アジ 100キロ
「江の安」定:ワカシ 200キロ、アジ 80キロ
「二宮」定置:サバ 300キロ、小サバ 320キロ、ワカシ 160キロ、アジ 100キロ
「福浦」定置:ブリ・ワラサ 1.9トン、シイラ 170キロ、マルアジ 140キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 540キロ、アカカマス 170キロ

20210617_761398.jpg「アジ」「サバ」「ワラサ」「ワカシ」「シイラ」、さらに「ハマフエフキ」までも。
諸々青魚中心の水揚げになって参りました。こうなるといよいよ夏。
魚市場で色とりどりに並ぶ緑黄色鮮魚、ビタミンこそ摂れないが、我々の元気の源、小田原プライドを吸収することができます。
.
posted by にゃー at 17:52| Comment(3) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする