魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年06月21日

魚市場も本塁打量産中

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.5トン、アジ 920キロ、サバ 230キロ、ワカシ 130キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ワカシ 950キロ、アジ 430キロ、サバ 100キロ
「原辰」定置:小サバ 660キロ、サバ 70キロ
「江の安」定:ワカシ 300キロ、サバッ子 75キロ
「二宮」定置:小サバ 830キロ、サバ 570キロ、アジ 530キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 330キロ、マルアジ 200キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 210キロ

大島釣船・・・釣カツオ 300キロ、釣キハダ 200キロ

大谷のホームランと米神の「アジ」、連日期待通りの活躍でどちらも絶賛大活躍中だが、打てるときに打つ、獲れるときに獲る姿勢は大いに認めなくてはならない。
明日打てると誰が保証してくれるのか?
今、そこに球が来るからバットを振るのだ。
魚市場もそう。ここに朝、魚が並んでいるから売っているのだ。
今日もホームラン級のお魚の数々を。
.
posted by にゃー at 19:20| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする