魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年07月05日

魚市場は一日にしてならず

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 700キロ、小イサキ 470キロ、サバ 200キロ、ヤマトカマス 100キロ、ワカシ 80キロ
「石橋」定置:小イサキ 300キロ、アジ 150キロ、ヤマトカマス 80キロ
「 岩 」定置:ワカシ 370キロ、ヤマトカマス 80キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:ワカシ 180キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 1トン、サバ 800キロ、ワカシ 760キロ、アジ 210キロ
「福浦」定置:ワカシ 370キロ、マルソウダ 300キロ、小サバ 200キロ、ショウゴ 80キロ
「大磯」定置:アジ 300キロ、小サバ 190キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 280キロ ほか

休み明け、大雨明けの月曜日。
濁りの海は宝の海よと言わんばかりのごっちゃ盛り・・という程ではなかったが、「シロギス」や「ハモ」、「小イサキ」など多く、多少の動きはあった模様。潮が動けば、魚も動く。魚が動けば、市場も動く。市場が動けば、人も動く。
しかし動きたくても、動けないのが通行止め。
伊豆山の通行止めはしばらく続きそうで、今シーズンの伊豆方面の魚の集荷や配達に大きな影響を与えることは必至。
さらに漁港や港内にまで土砂は達しており、そちらの捜索も時間を要することになるだろう。
小田原に仕入れに来ていた魚屋さんも現場付近にはあり、とにかく無事と早い復旧を祈るのみ。
.
posted by にゃー at 18:14| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする