魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年07月06日

ヒブダイ(メス)

20210706_hibuda.jpg
色あせたアオブダイ
かと見紛うこの魚

ヒブダイ
という
ブダイの仲間

いかにも南方系といった
色合いからも想像できるとおり

九州沖縄方面の海に
生息する魚

ただ分布域は
関東以南の海とされ
一応、相模湾も範囲内

かつて
沖縄から来た魚として
小田原の市場に
並んだことはあったが、

小田原の海での漁獲を
私が確認したのは
これが初めてとなる

ただし、
これまで
「アオブダイ」だと
思っていた個体が
「ヒブダイ」のオス
であった可能性もある

漁獲場所は
「福浦」定置

濁りの濃い海の中で
進路を誤ったか・・

でも
こういう
珍しい魚も
氷でしっかり冷やし
鮮度を保持することが
とっても大事

氷に魚を
入れながら
君は言うだろう

「お前はもう珍でいる」

ひでぶっ!!

.
ラベル:定置網漁業 珍魚
posted by にゃー at 17:34| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場の観天望気

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 180キロ、小イサキ 400キロ、サバ 200キロ
「石橋」定置:小イサキ 100キロ ほか
「 岩 」定置:ワカシ 240キロ ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:ワカシ、サバッ子 ほか
「二宮」定置:サバ 400キロ、ワカシ 160キロ
「福浦」定置:小サバ 200キロ ほか
「大磯」定置:アカカマス 360キロ、アジ 180キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ

「二宮」が休漁、もしくは片網締めの時は潮早
定置網で「小イサキ」が大漁の時は 海に濁りあり
定置網に珍しい「深海魚」が獲れた時は大潮回り
港に「蝶」が飛んでるときは、決まって強風注意報
シラス曳き網に「下着」が入ったときは雨上がり
違った、定置網に「川魚」が入ったときは雨上がりだ
.
posted by にゃー at 17:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする