魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年07月10日

拡大の兆候が進む魚市場とは

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 160キロ、小サバ 220キロ、サバ 130キロ、ワカシ 140キロ
「石橋」定置:サバ 100キロ ほか
「 岩 」定置:ワカシ 380キロ、ヤマトカマス 130キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:小サバ、ウルメイワシ ほか
「二宮」定置:小サバ 200キロ、サバ 170キロ、アジ 70キロ
「福浦」定置:サバ 150キロ ほか
「大磯」定置:アジ 120キロ、ワカシ 90キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ

もはや小田原の海は、「アジ」「サバ」「ワカシ」のデルタ地帯。
この最新トレンドから抜け出すカギは、次の魚への置き換わりがどのくらいのスピードで行われるかだ。
「ワカシ」が成長して「イナダ」になるか、「イワシ」が増えてくるか、「シイラ」あたりの大型魚が暴れてくるか。
しかしこれは変異ではない、平年の夏の魚の出現に過ぎない。
.
posted by にゃー at 22:33| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする