魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年07月12日

魚市場はアズーリの天下

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 140キロ、小サバ 200キロ、サバ 200キロ、ワカシ 120キロ
「石橋」定置:ワカシ 400キロ、小ウルメ 300キロ
「 岩 」定置:ワカシ 830キロ、ウルメイワシ 140キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:サバッ子 120キロ、ワカシ 100キロ、ウルメイワシ 80キロ
「二宮」定置:サバ 570キロ、小サバ 440キロ、アジ 140キロ、ワラサ 100キロ
「福浦」定置:マイワシ 850キロ、サバ 440キロ、小サバ 400キロ、ワカシ 170キロ、アジ 80キロ
「大磯」定置:アジ 620キロ、サバ 150キロ、小サバ 130キロ、ヤマトカマス 110キロ、ワカシ 120キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ

「サバ」、「ワカシ」、「イワシ」そして「アジ」。
石を投げれば青魚に当たるってくらいの夏模様。
そんな中、活かしの「マツダイ」を今シーズン、初確認。
あちーあちーと言ってる間に、蝉は鳴き出すし、高校野球は始まるし、市場に夏の魚が出てくるし。
.
posted by にゃー at 16:20| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする