魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年08月19日

海の周りの振り回し系魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 500キロ、小サバ 120キロ、アジ 90キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1.6トン、ワカシ 570キロ、マルソウダ 380キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 340キロ、小サバ 220キロ、ムロアジ 80キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 300キロ、イナダ・ワカシ 250キロ、ショウゴ 80キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 1トン、ワラサ 220キロ、ワカシ 170キロ、メジナ 80キロ、メイチダイ 70キロ、チダイ 70キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 7.6トン、アジ 360キロ、シイラ 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ ほか

雨による順延続きの甲子園も気になるが、悪天候は小田原の漁にもその影響を及ぼしており、日々の操業にも支障が出てきている。
潮の速さは定置網を持ち上げて水揚げを拒み、泥水は魚の行方を眩まし入網量を減らし、ちょっと風が吹けば小さな船は出漁すら叶わない。
さらに全国的な時化は、各地からの集荷にも影響し、多くの注文を逃すことにもつながる。水揚げ量の減少と寄り扱い量の減少は、売り上げ減に直結し、それは市場にとって致命的であるからだ。
今こそそんなお通夜ムードを一掃する、40号ホームランみたいな一発大漁をお願いしたいものであるが、また増えたら増えたで「ぐえー」なんて言ってるんだから、人間なんて実にわがままにできてるモノだと実感しきりである。
.
posted by にゃー at 18:16| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする