魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年08月28日

魚市場の達人

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 350キロ、サバ 240キロ、サバッ子 230キロ、マルソウダ 320キロ、ヤマトカマス 180キロ、ワカシ 110キロ
「石橋」定置:小サバ 300キロ、サバ 70キロ、サバッ子 450キロ、マルソウダ 100キロ、ヤマトカマス 730キロ、ワカシ 310キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 6トン、サバッ子 390キロ、ヤマトカマス 270キロ、サバ 110キロ
「原辰」定置:ヘダイ 150キロ、小サバ 300キロ、ヤマトカマス 120キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 70キロ ほか
「二宮」定置:イナダ 1.1トン、小サバ 1.2トン、アジ 210キロ、サバ 180キロ、サバッ子 840キロ、ヒラソウダ 110キロ
「福浦」定置:サバッ子 1.7トン、ワカシ 80キロ、アジ 550キロ、小サバ 300キロ、マルソウダ 250キロ、サバ 120キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「下田網船」:タカベ 150キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 400キロ

説明書に「電源プラグがコンセントから抜けていませんか?」なんて書いてあるけど、本当にそんな人いるの?とお思いのアナタ。
魚市場に来て、魚が並んでいることに驚いている人がいるくらいですから、いても全く不思議はありません。
20210828_054335.jpgそんな夏の魚市場には「アジ」、「サバ」、「イナダ」が所狭しとギッシリコ。
20210828_071852.jpg金に輝く「ヘダイ」に「メイチダイ」は、今の季節に無くてはならない、刺身が激ウマ、握って超ウマの高級魚。
明日は肩たたきでもやって、稼いだ小銭で月曜日に買うとしましょうよ。
.
posted by にゃー at 16:13| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする