魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年09月25日

魚市場ガチャに負けるな

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 9.7トン、小サバ 1トン
「石橋」定置:マルソウダ 2.2トン、アカカマス 600キロ、ヤマトカマス 980キロ、小サバ 1トン
「 岩 」定置:マルソウダ 1.7トン、小サバ 2.5トン、サバッ子 110キロ
「原辰」定置:マルソウダ 830キロ、小サバ 920キロ、サバッ子 160キロ、ヤマトカマス 110キロ、ショウゴ 90キロ
「江の安」定:サバッ子 240キロ ほか
「二宮」定置:サバッ子 1.6トン、イナダ 880キロ、小サバ 400キロ
「福浦」定置:サバッ子 8トン ほか
「大磯」定置:サバッ子 4.5トン ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 320キロ、アカカマス 60キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 500キロ

鴨川釣船・・・釣キハダ 980キロ

滑走路にカメがいると飛行機が一時間止まると聞いた。定置網にカメがいても、お酒をぶっかけサヨナラするだけで終わる。
このスピード感が、今の日本には足りないと思わざるをえない事案だ。毎日「マルソウダ」だらけの水揚げの中で、一般の魚屋さんにしたら連続敬遠されているようなもの。そりゃ空路で「生のサバ」を輸入したくなる気持ちも分かるが、少ない魚の中で自力で勝負して、貴重な地魚を買い付けた時の喜びはホールインワンにも匹敵するレベル。
来週は、台風接近を経て通過という崖っぷちが来る、本来の魚屋さんの持つ底力を発揮するタイミングが来る。
そう、当然の危険回避で網は休漁が予想され、魚も軒並み消えるだろう。
さあ、このどん詰まりを解消する起死回生の知恵を我に授けよ。
.
posted by にゃー at 15:41| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月24日

ええじゃないか魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 15トン、小サバ 3トン、ワカシ 250キロ
「石橋」定置:マルソウダ 4.8トン、ヤマトカマス 1.2トン、小サバ 380キロ、小アジ 90キロ
「 岩 」定置:小サバ 8.5トン、マルソウダ 600キロ、サバッ子 200キロ、ヤマトカマス 100キロ
「原辰」定置:小サバ 2トン、マルソウダ 330キロ、ヤマトカマス 280キロ、サバッ子 110キロ、ワカシ 70キロ
「江の安」定:小サバ 1.2トン、ヤマトカマス 280キロ
「二宮」定置:サバッ子 1.4トン、小サバ 830キロ、アジ 450キロ、ヤマトカマス 150キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバッ子 2.7トン、マルアジ 170キロ、アカカマス 160キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 1.1トン、アジ 120キロ、小アジ 320キロ、イナダ 220キロ、サバ 160キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 320キロ、タチウオ 130キロ

ったく今日も暑いぜ。朝からちょっと動けば汗が出やがる。
それでも魚は戻らねえ、「サバ」「ウズワ(マルソウダ)」「ショウゴ(カンパチ)」「カマス」と秋の魚のオンパレードだぜ。
ったく「米神」が熱いぜ。今朝もたっぷり「石橋」と合計して実に20トン弱もの「ウズワ」を揚げてきた。
さすがにこの量では、自動選別機を使っても終わったのは昼前になんなんとする時刻。朝も早(ハヨ)から、まぁよう働くこった。
ったく「ぐんまちゃん」は厚いぜ。あえて群馬出身の原恵一氏を起用せず、同い年の新潟出身、本郷みつる氏を起用するあたり、厚誼と何か裏の苦労を忍ばせる人選となっており、彼らの作品で育った中年以降の世代にも親しみある画と内容が期待できるじゃねえか。
.
posted by にゃー at 17:31| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月22日

魚市場で早合点するな

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルソウダ 13トン、ヤマトカマス 1.2トン、小サバ 430キロ、小アジ 170キロ
「 岩 」定置:小サバ 5.9トン、マルソウダ 3.7トン、ヤマトカマス 110キロ
「原辰」定置:マルソウダ 4.5トン、小サバ 1.6トン、ヤマトカマス 1.2トン
「江の安」定:小サバ 400キロ、ヤマトカマス 360キロ
「二宮」定置:小サバ 480キロ、サバッ子 700キロ、アジ 370キロ、ワラサ 170キロ、ショウゴ 140キロ、サバ 130キロ
「福浦」定置:小サバ 150キロ、マルソウダ 80キロ、ウルメイワシ 80キロ
「大磯」定置:サバッ子 3.3トン、ヤマトカマス 470キロ、マルソウダ 600キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 420キロ、サバ 320キロ、ヤマトカマス 260キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ
「江の島網」:アジ、タチウオ ほか

網をあげれば「ウズワ(マルソウダ)」だらけ
網をあげたら「小サバ」だらけ
やっと獲ったら「サバッ子」だらけ
この手の魚は、獲れたら量は獲れるが、魚種が一色に染まってしまうこと
しかし、秋は魚種の増える季節。
よーく見れば、色々と混じっているのだが、何せ量が量だけに目立たない
「今日もウズワだらけかー」とか「小サバしかないねー」だの、挙げ句に「買う魚がない」まで・・・
猫ウケと鳥ウケだけはいいんだけどね〜
.
posted by にゃー at 18:58| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月21日

やっちゃえ魚市場のオッサン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 17トン、小サバ 6トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 7.5トン、マルソウダ 2.9トン、ヤマトカマス 280キロ、小アジ 350キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:ヤマトカマス 430キロ、小サバ 200キロ
「二宮」定置:小サバ 700キロ、小アジ 180キロ、ショウゴ 130キロ、小イサキ 120キロ
「福浦」定置:マルソウダ 450キロ、サバッ子 300キロ、ヤマトカマス 380キロ、ヒラソウダ 100キロ、イナダ 80キロ
「大磯」定置:マルソウダ 1.5トン、サバッ子 800キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:小アジ 320キロ、アジ 140キロ、ヤマトカマス 90キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 520キロ

ここ数日で、巷の新型コロナ感染者は急減しているが、ここ小田原の水揚げは今急増中である。
季節が来れば魚は来ると言うが、ここまでなりを潜めていた「マルソウダ」が一気に来た。
「小サバ」や「サバッ子」、「小アジ」も混じるが、今までとは「マルソウダ」の濃度が違う。
20210921_140833.jpgガッツリ濃いめのエスプレッソかと思うほどの密度に、自動選別機も戸惑い気味?
平均的に獲れている「マルソウダ」の大きさは小さいが、こと「マルソウダ」に限っては節を作るにしても脂の無い方が仕事が早い。すなわち、小さい方が喜ばれる。
逆に言えば、飲むこと即ち喜びさ、喜び〜の酒、松竹梅♪と言うことになるわけである。言いたいことは、嬉しいからって飲み過ぎは要注意。明日は健康診断だよっと言うことである。
.
posted by にゃー at 18:10| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月18日

魚市場に運気を呼び込め

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 6.6トン、ヤマトカマス 380キロ、小アジ 100キロ、小サバ 90キロ、アカカマス 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ヤマトカマス 1.6トン、マルソウダ 1.1トン、小イサキ 230キロ、小アジ 60キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 60キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバッ子 3.3トン、マルソウダ 350キロ、イナダ 190キロ、メアジ 70キロ
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ ほか

「毒を以て毒を制す」
その意味で魚市場は、台風を以て台風を制す!
posted by にゃー at 10:26| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

魚市場にチャンスーテーマ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 5.7トン、マルソウダ 1.2トン、アカカマス 1トン、小アジ 330キロ、小サバ 300キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1トン、マルソウダ 2.7トン、小サバ 200キロ、アカカマス 200キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 3.3トン、小サバ 950キロ、小アジ 820キロ、マルソウダ 730キロ、アカカマス 360キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 1.7トン、マルソウダ 1トン、アカカマス 240キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 220キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ・ワラサ 430キロ、ヘダイ 280キロ、小サバ 200キロ、サバ 100キロ、アジ 70キロ、ワカシ 80キロ
「大磯」定置:小アジ 70キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 1.1トン、小イサキ 360キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ
「江の島網」:小アジ、ヤマトカマス ほか

台風直前、注目の集まるカードとなった本日、スタメンはどこも「ミズカマス(ヤマトカマス)」一色に染まり、試合は八百長の疑いがあるとして中止に。
明日は朝からの雨と台風(低気圧)接近もあり、スタメンが揃わない可能性も。
連休前に計ったように照準を合わせてくるスナイパーの登場に、市場のみんなも震え上がる。
.
posted by にゃー at 17:30| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする