魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年09月17日

魚市場にチャンスーテーマ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 5.7トン、マルソウダ 1.2トン、アカカマス 1トン、小アジ 330キロ、小サバ 300キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1トン、マルソウダ 2.7トン、小サバ 200キロ、アカカマス 200キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 3.3トン、小サバ 950キロ、小アジ 820キロ、マルソウダ 730キロ、アカカマス 360キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 1.7トン、マルソウダ 1トン、アカカマス 240キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 220キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ・ワラサ 430キロ、ヘダイ 280キロ、小サバ 200キロ、サバ 100キロ、アジ 70キロ、ワカシ 80キロ
「大磯」定置:小アジ 70キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 1.1トン、小イサキ 360キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ
「江の島網」:小アジ、ヤマトカマス ほか

台風直前、注目の集まるカードとなった本日、スタメンはどこも「ミズカマス(ヤマトカマス)」一色に染まり、試合は八百長の疑いがあるとして中止に。
明日は朝からの雨と台風(低気圧)接近もあり、スタメンが揃わない可能性も。
連休前に計ったように照準を合わせてくるスナイパーの登場に、市場のみんなも震え上がる。
.
posted by にゃー at 17:30| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする