魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年09月22日

魚市場で早合点するな

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルソウダ 13トン、ヤマトカマス 1.2トン、小サバ 430キロ、小アジ 170キロ
「 岩 」定置:小サバ 5.9トン、マルソウダ 3.7トン、ヤマトカマス 110キロ
「原辰」定置:マルソウダ 4.5トン、小サバ 1.6トン、ヤマトカマス 1.2トン
「江の安」定:小サバ 400キロ、ヤマトカマス 360キロ
「二宮」定置:小サバ 480キロ、サバッ子 700キロ、アジ 370キロ、ワラサ 170キロ、ショウゴ 140キロ、サバ 130キロ
「福浦」定置:小サバ 150キロ、マルソウダ 80キロ、ウルメイワシ 80キロ
「大磯」定置:サバッ子 3.3トン、ヤマトカマス 470キロ、マルソウダ 600キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 420キロ、サバ 320キロ、ヤマトカマス 260キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ
「江の島網」:アジ、タチウオ ほか

網をあげれば「ウズワ(マルソウダ)」だらけ
網をあげたら「小サバ」だらけ
やっと獲ったら「サバッ子」だらけ
この手の魚は、獲れたら量は獲れるが、魚種が一色に染まってしまうこと
しかし、秋は魚種の増える季節。
よーく見れば、色々と混じっているのだが、何せ量が量だけに目立たない
「今日もウズワだらけかー」とか「小サバしかないねー」だの、挙げ句に「買う魚がない」まで・・・
猫ウケと鳥ウケだけはいいんだけどね〜
.
posted by にゃー at 18:58| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする