魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年11月09日

踊る魚市場に見る魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバッ子 200キロ、アカカマス 80キロ
「石橋」定置:アジ 230キロ、アカカマス 240キロ、サバ 160キロ、サバッ子 120キロ、イナダ 110キロ、ショウゴ 90キロ
「 岩 」定置:アカカマス 370キロ、小アカカマス 400キロ
「原辰」定置:アカカマス 60キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバッ子 360キロ、サバ 90キロ、イナダ 90キロ
「福浦」定置:ショウゴ 240キロ ほか
「大磯」定置:ショウゴ 190キロ ほか

伊豆方面からは、
「富戸定置」:ムロアジ 80キロ、サバッ子 70キロ、ショウゴ 50キロ

東方面からは、
「江の島網」:ショウゴ 50キロ ほか

雨の降る中、勇んで出漁も魚はどこも少なめ。
若干盛り返した「ショウゴ」が目立つものの、一部まとまった「カマス」も小さめ主体。
単価は低空飛行で魚体の大きさと正比例。
「タチウオ」、「アカヤガラ」、「オオニベ」の大きい所は高かった。
あとちょい減り気味の「活カワハギ」も大きいのは良い値段してます。
.
posted by にゃー at 19:29| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする