魚体中骨抜き器販売中

2021年12月17日

魚市場にデレデレや

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 280キロ、小サバ 230キロ、サバ 120キロ
「石橋」定置:小サバ 500キロ、サバ 320キロ、アカカマス 140キロ
「 岩 」定置:サバ 300キロ、小サバ 200キロ
「原辰」定置:ショウゴ 120キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 70キロ、カゴカキダイ 60キロ
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「江の島網」:小アジ 140キロ、サバッ子 130キロ

未明はまだ雨の影響で生暖かかった気候も、朝方には冷え切って雨の上がった午後過ぎには冬の様相と相成った
そんな今朝は風も強く、休漁も相次いだ中、徐々に冬らしい水揚げになってきたと言わざるをえない
明日も寒さは続くとみられ、水揚げ量の減少が懸念される中、今朝休んだ網の充実が期待される

今日のヒラメ・・・ 23枚
posted by にゃー at 17:38| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする