魚体中骨抜き器販売中 2023年漁業センサスキャンペーンページ

2023年07月03日

米の一粒一粒が魚市場の命

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 390キロ、ウルメイワシ 230キロ、ジンダ 180キロ、コノシロ 160キロ
「 岩 」定置:アジ 350キロ、サバ 160キロ、小サバ 150キロ、ジンダ 110キロ
「原辰」定置:イワシ混 5.5トン ほか
「江の安」定:小サバ、ジンダ ほか
「二宮」定置:イワシ混 920キロ、ジンダ 110キロ
「福浦」定置:メジ 1.3トン、サワラ・サゴシ 1トン、小サバ 180キロ、サバ 100キロ
「大磯」定置:サバ 870キロ、アカカマス 300キロ、アジ 230キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ
「江の島網」:サバ、ジンダ ほか

佐島釣船 ・・・ 釣カツオ 1.1トン

「クロマグロ資源管理」の新期がスタートした。
前期は期初め早々に漁獲枠が埋まっていた中、待望の7月となったのだ。
そして幸先良く「福浦」に「メジ」が入網。早くも1/10が消化された。
夏は「マグロ」の季節だ。「メジ」は味が薄いとか、柔らかすぎると言う人もいるが、鮮度で喰うが王道よ。
味が薄けりゃ味をつけ、歯ごたえ足らなきゃ薬味をつけろ。
酢飯に合うのもポイント高い。
一丁、今夜は寿司でも握ってみるとすっか
.
posted by にゃー at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする