魚体中骨抜き器販売中 2023年漁業センサスキャンペーンページ

2023年12月01日

魚市場に並ぶ不揃いの魚たち

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 2.8トン、サバフグ 520キロ、小アジ 410キロ、ヤマトカマス 290キロ、アカカマス 230キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:メアジ 940キロ、カンパチ・ショウゴ 690キロ、小アジ 210キロ、サバ 140キロ、アオリイカ 100キロ、アカヤガラ 100キロ
「原辰」定置:アオリイカ 320キロ、マルソウダ 540キロ、ウルメイワシ 240キロ
「江の安」定:カンパチ・ショウゴ 220キロ、マルソウダ 160キロ
「二宮」定置:小アジ 1.7トン、アジ 360キロ、サバフグ 120キロ
「福浦」定置:カンパチ・ショウゴ 320キロ、小アジ 240キロ、カワハギ 170キロ、メアジ 110キロ
「大磯」定置:カンパチ・ショウゴ 80キロ、メジ 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:カワハギ、ショウゴ ほか
「江の島網」:タチウオ、ニザダイ ほか

「ヤリイカ」の季節に「アオリイカ」が満開と言ったか言わずか、「カンパチ」がまだまだ獲れる冬の師走に突然の「アオリイカ」の群れ。
まだまだ予想できない事が起こりそうな、今年も残り一ヶ月である。
.
posted by にゃー at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする