2018_fespos.jpg

2008年12月10日

活コモンカスベ

2008120_komon.jpg

 ま、「刺し網」業界にしてみればそんなに珍しくもないだろうサメやエイの仲間。近年は特にサメによる網の破れや、漁獲物の傷などの被害が多いそうで、はっきり言って漁師から見たら厄介者でしかない。
 それでも、熱い要望に応えて小田原の「幸吉丸」さんが活きたまま届けてくれました。

 非常に状態の良い「コモンカスベ」で、見事な「コジャノメ(蝶)」の目玉模様の様な紋様と交接器(♂の印)を持ち、とても元気でした。
 
 買い手は?と言うと、元気で状態も良かったこともあって活魚屋さんが面倒見てくれることになりました。今頃、どこかの水槽で元気に泳いでいることでしょう。
ラベル:刺し網漁業 珍魚
posted by にゃー at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック