2018_fespos.jpg

2008年12月10日

オオグソクムシ

魚ネタのページとして、アップして言うのも何だが、
これは決して触れてはいけなかった存在であろう。

まず「魚類」ではないし、観ていて気持ちの良い「モノ」ではない。
この業界の人間にとってさほど珍しい「モノ」でもなければ、あえて触れるべき「モノ」ではない。

魚市場の人間として、アップして言うのも何だが、
この生物を取り上げるのは、企業としてどうかと思うわけだ。

全国の漁師から忌み嫌われる存在であり、深海の海底に堆積するゴミなどを主食にして生活しており、自然界から見れば無くてはならない存在なのだが、我々からすれば、海から陸に揚げてはならない生物であることは確かだからだ。

常識有る大人として、この時間にアップして言うのも何だが、
就寝前、及びお食事前(最中)に視聴されるのはオススメできない。

この生物の動き、容姿その他諸々は、地上の生物のどれと比べて桁外れだからである。

何が桁外れかって?

それは観てのお楽しみ、である。

動画はコチラ↓

キモス生物の代表格のダイオウグソクムシには負けるが、そのミニチュアと考えれば最早我々にとってカワユス生物だ。こないだ神奈川県小田原市国府津の海岸で見つかった変死体も、海に沈んどったら、いまごろこいつらの餌食になって、あっと言う間に骨だけになってしまうやろな〜〜。
ラベル:動画 ネタ 甲殻類
posted by にゃー at 17:49| Comment(7) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オオグソクムシ、十年ほど前に食べて見ました。深海調査で取れた個体をゆでました。所詮は節足動物、えび・かにの仲間です。ゆでると赤くなって、肉はまさにえびでした。さすがに一口目は勇気がいりましたっけ。うん、おいしかったですよ。
Posted by ヒラメの中村 at 2008年12月11日 01:17
ちょww初めてこんなに動いてるの見た
予想以上の高速背泳ぎwwww
 
油壷だか東海大海洋だかで見たときには這いつくばってるだけだったからなぁ
貴重なモノ見たよ
Posted by うまのて at 2008年12月11日 11:42
食べたこと有るってのは・・・「強者」ですなあ。突っ走るという意味では「香車」とも言えますなあ。そうですかエビの味がしますか!?ちょっと食指の動いた自分に限りなく透明に近い嫌悪感を抱くのであった。

もし、飼育をしたいというのでしたら、どうぞお声をお掛け下さい。2,3引き合いはございますが、他ならぬ「うまのて師匠」の為に、特別に太って、元気、おまけに美味しそうな個体をご用意いたします!
Posted by にゃー at 2008年12月11日 19:18
はじめまして、こんんにちは。最近、海の生物に興味があり、色々と調べています。
下記HPで、オオグソクムシのことを漁師さんは「海のゴキブリ」と言ってぽいぽい捨ててると書いてありました。
これを食べた人いるかな〜?と思って、検索したら、ここにたどり着きました。
オオグソクムシは海老に似た味ですか。
深海だと随分大きくなるようで、食いでもありそうなので、中華風に味付けすると豪華になりそうですね。
オオグソクムシ随分興味が沸いてきました。
では、また。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~grafish/fa_l_bathypelagic01.html

Posted by よかち at 2010年06月26日 21:29
ワラジムシなどが好きな僕は大学時代に知ったグソクムシは、憧れのもと。
今回縁があって今、飼育しています。
最高です。かっこいい!
Posted by あきと at 2012年02月27日 08:11
虫嫌いな人はダメでしょうが、要は大きなダンゴムシ。結構愛嬌あってかわいい顔だな〜とか思ったり。

あ、でも食べるのは遠慮しておきます。
Posted by 通りすがり at 2012年04月11日 14:21
これは売れるんじゃないでしょうか?
ネットでは、横浜の水族館の試食会に、数百人並んだそうです。
飼いたい人もいるらしいので、食堂で生きたまま売ってみてはいかがでしょうw

Posted by たかじい at 2016年01月11日 07:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック