魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2009年07月11日

魚市場の守り人

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 500キロ、小サバ 800キロ
「石橋」定置:サバ 300キロ
「 岩 」定置:サバ ほか
「原辰」定置:マイワシ 280キロ、サバ 50キロ
        カタクチイワシ 90キロ
「江の安」定:サバ 60キロ ほか
「二宮」定置:アジ 120キロ、小アジ 100キロ
「福浦」定置:サバ 180キロ、シイラ 180キロ
        スルメイカ 320キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ワラサ 190キロ(43本)

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 170キロ
「平塚川長」:シイラ 430キロ、小サバ 280キロ
       タチウオ 150キロ、アカカマス 50キロ

 本日は風も止み、波も穏やか、絶好の水揚げ日和となりました。各地の定置網で精力的な労働が行われ、「サバ」を中心とした水揚げが東は平塚、藤沢、西は伊豆山、川奈など各地から集まりました。注目の「アジ」は、四日ぶりの水揚げとなった「二宮」定置のみで獲れ、ほとんど独占状態。週末にかけて、荒天が続き、魚に飢えた多くの魚屋さん達の注目を集めておりました。
 他に「福浦」の「スルメイカ」、「平塚」の「アカカマス」、「根府川」の「マイワシ(ヒラゴイワシ)」なども人気を集めておりました。
 それにしても魚種、水揚げ量共にの少ない状況に変化はなく、そのうち魚市場に新鮮な魚を求める行列が出来てしまうのではないでしょうか?心配です。
posted by にゃー at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック