魚体中骨抜き器販売中

2009年08月25日

美ら海魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 16トン、サバ 100キロ
       ワカシ 150キロ、イナダ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ワカシ 500キロ、小サバ 280キロ
       イナダ 80キロ
「原辰」定置:マイワシ 680キロ、ウルメ 120キロ
       ヤマトカマス 90キロ
「江の安」定:ヤマトカマス230キロ、ワカシ200キロ
「二宮」定置:小アジ 210キロ、ソーダ 110キロ
「福浦」定置:ワラサ 390キロ、サワラ 70キロ
       アジ 90キロ、サバ 90キロ
「大磯」定置:小アジ 130キロ、ワカシ 130キロ
       小サバ 920キロ、アカカマス 85キロ
       小メジマグロ 60キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヤマトカマス、小イサキ ほか

 東方面からは、
「平塚川長」:小サバ 1.8トン、ソーダ 100キロ
       小タチウオ 270キロ

 今朝は「米神」と「江の安」の両定置網で「ジンベイザメ」が相次いで入網。どちらも5〜6メートルはあろうかという大物だったそうで、まさに「カジキ」を「サメ」に置き換えた「老人と海」を地で行く格闘を想像し、思わぬ怪力に船の転覆まで(!?)想像してしまいました。しかし何事もなく、無事サメは網から出され、外洋へと泳いでいったそうです。そのドサクサの中で親分からはぐれた「コバンザメ」が一部水揚げされたようでしたが、果たして需要はあったのでしょうか?
 その「米神」定置では、「ジンベイ」さんが連れてきたのか「小サバ」がドカンと16トンもの大量水揚げで、自動魚選別機がフル稼働。他の定置網も「ワカシ」やら「マイワシ」、「ヤマトカマス」がまとまりました。
 やっと腰の上がり始めた西湘域に対し、「大磯」や「平塚」方面は相変わらず好調で魚多く、賑わっているようでした。

 今日のイセエビ ・・・140キロ
posted by にゃー at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック