魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2009年09月18日

魚市場面目躍如

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメ 2.9トン、マイワシ 380キロ
      ヤマトカマス 380キロ、ワカシ 240キロ
「石橋」定置:小イサキ 1.1トン
「 岩 」定置:ウルメ 3.2トン、小イサキ 470キロ
       サバ 100キロ、ワカシ 100キロ
       ヤカトカマス 300キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス700キロ、小イサキ400キロ
「江の安」定:小イサキ 530キロ、ワカシ 100キロ
      ウルメ 100キロ、ヤマトカマス 150キロ
「二宮」定置:ブリ・ワラサ 2トン(344本)
       ウルメ 540キロ、イサキ 250キロ
「福浦」定置:ワカシ 700キロ、サバ 260キロ
       小サバ 1.2トン、ソーダ 1.1トン
「大磯」定置:ウルメ 1.5トン、小イサキ 800キロ
       小サバ 800キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ワカシ ほか

 東方面からは、
「茅ヶ崎船」:生シラス 50キロ

小田原 アワビ 40キロ

 今朝は「二宮」定置で「ワラサ」が340本の大獲れ。中には「ブリ」サイズもかなり含まれ、良型揃い。沖を通る台風によるウネリを避けようと二宮の沿岸にぶつかってきたのでしょうか?それにしても、先日の「岩」定置に入った「ワラサ」もそうでしたが、今の時期の「ワラサ」って意外と思えるほど肉付きも良く、見た目にもかなり美味しそうに見えました。
 「活イセエビ」の入荷は、予想通り昨日から倍増。連休前のタイミングで海も荒れ、湘南方面〜伊豆方面まで各地でエビが動いたようです。入荷量の割に相場も強め推移で、需要と供給のバランスが見事に合致して好結果につながったようです。明日も勝負!?

 今日のイセエビ ・・・150キロ
posted by にゃー at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック