魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2009年09月24日

カマスV3ならずの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イサキ 650キロ、小イサキ 3.1トン
       イナダ 190キロ、ワカシ 2.2トン
       サバ 100キロ、小サバ 640キロ
       ソーダ 120キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イサキ 170キロ、小イサキ 6トン
       イボダイ 480キロ、ワカシ 130キロ
「原辰」定置:イサキ 220キロ、小イサキ 1トン
       ソーダ 240キロ
「江の安」定:イサキ 280キロ、小イサキ 400キロ
       ソーダ 270キロ
「二宮」定置:イサキ 100キロ、小イサキ 5トン
       チダイ 70キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:小サバ 700キロ、ソーダ 90キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヤマトカマス ほか
「沼津釣船」:釣クロシビカマス 60キロ ほか

 東方面からは、
「片瀬釣船」:釣カツオ 780キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 150キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 65キロ

早川 釣カツオ 60キロ

 「小イサキ」が続いております。今朝もトータル15トン強の水揚げとなり、今後も続きそうな気配がします。ここ数年秋になると続いていた「ヤマトカマス(ミズカマス)」の豊漁は、今年は少な目のようでこの秋は「干物業者」に代わって「小イサキ」の豊漁年として「スリミ業者」の大活躍が期待されます。
20090924_black.jpg 今朝は、西湘名物・釣りの「クロタチカマス」が入荷しました。こないだの化け物「特大ナガタチカマス」との違いは微妙ですが、こちらの方が全体に細長く、別種という事です。
 ここ数年ほとんど姿を見せなかった「クロタチカマス(ナガスミヤキ)」でしたが、潮の加減か天候か、先の「ヤマトカマス」と入れ替わりなのか、今年は出現も早いです。小田原(国内唯一?)では秋の味覚としてとても人気のある魚だけに、11月ごろまで期待が出来そうです。

 今日のイセエビ ・・・70キロ
posted by にゃー at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック