魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2010年07月09日

蛸占いでなく蛸売る魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 500キロ、小サバ 90キロ
「石橋」定置:サバ 190キロ
「 岩 」定置:イナダ 1.4トン、アジ 120キロ
       サバ 70キロ
「原辰」定置:イナダ 90キロ、小アジ 50キロ
「江の安」定:アジ 80キロ
「二宮」定置:アジ、ジンダ ほか
「福浦」定置:サワラ・サゴシ 270キロ
       サバ 340キロ、ソーダ 70キロ
「大磯」定置:アジ 45キロ、アカカマス 60キロ
       ワカシ 170キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:カタクチイワシ 480キロ
「二宮地引」:生シラス 若干

今朝は若干風が吹いた影響で魚の集まり悪く、定置網も平均少なめ。昨日湘南方面から大挙してきた「活マダコ」も少なめ。空模様も怪しく、うねりも有れば、明日の漁模様も曇り気味か?
20100709_octp.jpgかの地の「活タコ」は、ワールドカップの予想をするとかで話題ですが、小田原の「活マダコ」は、あなたの健康をお約束。煮ダコやサラダ、酢の物、タコ焼き、タコ飯、カルパッチョ・・・何でも御座れの万能選手。余った刺身用のタコなどは、燻製にしてご覧なさい。酒の肴としてバッチンコで、普段の酒が数倍も美味しくなり、「甘露、甘露」とついつい飲み過ぎてしまうこと請け合い。あまり飲み過ぎてドランカーになっても困りますので、何事も程々に。
ついでにパンチドランカーといえば、元全日本フライ級チャンピオン「タコ八郎」。あと二週間もすれば、小田原近くで海に還ったあの日から、早25年を迎える。
posted by にゃー at 21:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確か、真鶴の岩港でしたよね。酔っぱらって水死。
Posted by 釣り親父 at 2010年07月10日 20:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック