2010年07月30日

カライワシ

20100730_karayshoe.jpg

「カライワシ(唐鰯)」。
体長およそ60センチ強、目方で3.3キロ。
初め見たときは「トキシラズ(サケ)」かと思ったが、その割に扁平な魚体とクワッと裂けた口と大きく見開いた目。もはや尋常ではない表情。怪しい・・・、怪しすぎる。
名前からして「唐鰯」ってくらいだから「唐の国」の「イワシ」、つまり大陸方面からやって来た得体の知れない「イワシ」みたいな魚って事だろうから、およそ日本人サイズからは逸脱したスケールの持ち主である。

20100730_karayhead.jpgカライワシ目の魚の仲間には「イセゴイ」がおり、いままで何度か水揚げされ(神奈川県水産技術センター相模湾試験場のページ)、目にしたこともありましたが、こちらのカライワシ目カライワシ科「カライワシ」は今回初めの目撃となりました。
このカライワシ目の魚達は、鱗や目など全体の作りが大きく、メタリックな外観も相まって、まさに古代魚然たる風貌を備えており、一種独特である。

ちなみに、今朝の江之浦は「江の安」定置に入りました。
おそらく黒潮に乗ってやって来たのか、今朝の雷さまの使者なのか、まったく突然の来訪に皆が驚いた魚である。

今週日曜に行われる「みなとまつり」で皆さんに見てもらうのも良かったのだが、活け締め処理された首筋から覗く身質は、サシも入ってなかなか美しい肉色。充分食用になる魚であるとして、さらに貴重な白身として、当然の上場。

おそらく今後しばらくはお目に掛かれないであろう(二度三度獲れたら、それこそ異常)貴重な魚を口にした人も、できなかった人も、これからまだ見ぬ未来の珍魚漁獲、落札に向け、今晩も良い夢見たいと思いますね。

明日は何が獲れるのでしょうか?
posted by にゃー at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック