魚体中骨抜き器販売中

2011年02月22日

パンダが魚市場に来たよ〜

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 90キロ、カタクチイワシ 6.7トン
        マイワシ 470キロ、ウマヅラハギ 560キロ
「 岩 」定置:ブリ 175キロ(24本)、サバ 200キロ
        活イシダイ 310キロ、タチウオ 240キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ 140キロ
「江の安」定:ウマヅラハギ 200キロ、マイワシ 320キロ
        カタクチイワシ 1.3トン
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アカカマス 420キロ、アジ 150キロ
        カタクチイワシ 640キロ

 伊豆方面からは、
「土肥釣船」:キビナゴ 170キロ

2010_mistofelees.jpg上野に「パンダ」が来た?小田原じゃあ「パンダ」は常連だぜ、って事で現れたのがこの「パンダ」。ご覧の通りの2色模様。この様な「ヒラメ」を皆は「パンダヒラメ」と呼ぶのです。放流される「ヒラメ」には、この様な特徴が現れることが知られております。あちゃらの「パンダ」はみんなのアイドルですが、こちらの「パンダ」はどちらかというと敬遠されがちな存在。同じ「ヒラメ」なのに、生まれついての模様のせいで・・・かわいそう。
20110222_umasugi.jpgそして、今朝も魚市場は「ウマヅラハギ」だらけ。全体量は減ったようですが、加工向けにダンベにぎっしり詰め込まれた「お馬」さんは、今日もどこかへドナドナされていくのでした。

今日のヒラメ・・・ 79枚
posted by にゃー at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック