魚体中骨抜き器販売中

2011年10月27日

ノーアリバイ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:モロ 570キロ、ショウゴ 270キロ
       マルソウダ 1トン、サバフグ 100キロ
       ヒラソウダ 640キロ、サバ 430キロ
       ヤマトカマス 490キロ
「石橋」定置:モロ 130キロ、ヤマトカマス 160キロ
       サバ 140キロ、ショウゴ 100キロ
       マルソウダ 100キロ
「 岩 」定置:ショウゴ 1トン、ソウダ類 250キロ
       ヤマトカマス 290キロ、シイラ 400キロ
「原辰」定置:ショウゴ 420キロ、マルソウダ 400キロ
「江の安」定:ショウゴ 120キロ ほか
「二宮」定置:アジ 100キロ、ウルメイワシ 100キロ
       小アジ 300キロ、サバ 100キロ
「福浦」定置:ショウゴ 150キロ、ワラサ 80キロ
       カワハギ 70キロ
「大磯」定置:アジ 150キロ、ショウゴ 310キロ
       アカカマス 220キロ、マルソウダ 440キロ
       サバ 220キロ、小サバ 120キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ボラ 470キロ

 東方面からは、
「大磯釣船」:釣オオクチイシナギ 70キロ(1本)
「平塚定置」:小サバ 600キロ、ヒラソウダ 120キロ

20111027_nudethrow.jpg久々の巨大魚「イシナギ」。当然、肝臓は廃棄。それにしても大きすぎてウロコを削ぐのも大変です。
でも綺麗な白身は、豊富な脂と独特のうまみがあって、とても美味しい魚です。
巨大シリーズで、珍しいサメ(写真参照@魚國社長twitter)もいました。
「二宮」定置に入ったのですが、このサメ「OH!モーレツ!」でなくて「オオワニザメ」だそうです。よく船に揚げましたね。2メートルくらいだそうで、見るからにどう猛そうな顔つきです。しかも尖った顔の先端には鋭く、曲線を描いた歯が、数列になって並び、とてもモンスターチック。

今日のイセエビ・・・ 5キロ
posted by にゃー at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック