魚体中骨抜き器販売中

2011年11月28日

珍魚クサアジ

20111126_kusaaji.jpg

おおっ、思わず久しぶりの出会いに声が出た。
軽く5年ぶりくらいだろう(すれ違いもあっただろうが)。

秋の海にひょっこり現れる珍客。しかも毎年は現れず、忘れたころにやってくる変な魚である。

「クサアジ」とは妙な名前であり、「アジ」の仲間でもなんでもないのであるが、見た目がなんとなく「イトヒキアジ」や「ヒラアジ」の系統に似ているからついた名前であろう。

仲間としては、大きく分けてアカマンボウ目に属しており、マニア垂涎の珍魚グループ・アカマンボウ属の中では最もポピュラーというか、最も遭遇する確率が高い魚であるといえるであろう。

本当はもっと扇のように広がる大きな背びれが美しいのだが、もはや三軒長屋のボロ障子の様に穴だらけになってしまっている。
「カワハギ」や「イサキ」などと混獲された為であろうか、鱗もほとんどが剥がれてしまい、本来の輝きは体表の端にわずかに残すのみである。その貴重な姿はまるで、敦煌の莫高窟壁画を思い起こさせる。

次はいつ、魚市場に姿を現してくれるのだろうか?

意外によく泳ぎ、以前獲れた時はよく泳いでくれた。
今度はまた、活魚でお会いしたいものだ。

あ、ちなみに食した人の感想によれば、「まあまあ」だったそうです。
posted by にゃー at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック