魚体中骨抜き器販売中

2012年04月07日

魚市場のアーティスト

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マダイ 80キロ、ウマヅラハギ 220キロ
       カタクチイワシ 260キロ
「石橋」定置:マダイ 30キロ、ウマヅラハギ 190キロ
       アオリイカ 40キロ、カタクチ 180キロ
「 岩 」定置:イシダイ 80キロ、クロダイ 130キロ
       ウマヅラハギ 100キロ、ボラ 40キロ
       スルメイカ 40キロ
「原辰」定置:メジナ 70キロ、ウマヅラハギ 30キロ
「江の安」定:ウマヅラハギ 40キロ ほか
「二宮」定置:イシダイ 240キロ、マダイ 40キロ
       ウマヅラハギ 700キロ
「福浦」定置:アオリイカ 90キロ、カタクチ 30キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:クロダイ 240キロ、サバ 200キロ

小田原 (素潜)ナマコ 100キロ、ワカメ 110キロ
    メカブ 60キロ、(刺網)アンコウ 350キロ

アカデミー監督・アジ無いヴィシウスもビックリするほど「小田原アジ」は不安定。
今朝は桜満開に合わせたかのように春の花形、良型「マダイ」が揃いも揃って100キロ以上。対する「ウマヅラハギ」、「イシダイ」、「クロダイ」などのモノクロカラーの魚たちも、時代遅れの色を濃くしつつも量でカバー。その存在感を強くアピールしました。さらにここへ来てさらに量を増やしてきた「ヒラメ」も漁獲は爆発的で、同じく「アンコウ」と共に今年一番の漁獲を記録しました。
さすが名作の誉れ高い一本とあって、この魚市場を舞台とした魅力的展開はまだまだ来週も続きそうです。

今日のヒラメ・・・ 330枚
posted by にゃー at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック